ホワイトデーは恋のチャンス

3月14日。ホワイトデー。

ちょうど1ヵ月前、チョコレートを勝ち得た人にとっては、日頃の感謝とともに「あ、俺も本命ッスよ」とアピールできる大切な1日。
贈り物ひとつをとっても、渡す物・シチュエーションで今後の関係性は大きく変化していくことだろう。

逆に、何の変哲もない2月14日を過ごした非モテにとっては、ホワイトデーもまた何の変哲もないただの1日に過ぎない……のか?
2月14日が女性から男性にアプローチするおあつらえ向きの日であるならば、ホワイトデーは男性の方から意中の女性にアプローチする機会として利用しても良いのでは!?

今回は、そんな逆アプローチ作戦を成功へと導くためのプレゼント選び・シチュエーションを考えていきたいと思う。

1.「逆アプローチ!?」え、キモくない?

女性が男性にチョコレートをプレゼントする。
この行為を「気持ち悪い」と感じることはあるだろうか?
恐らく多くの人がそうは思わないだろう。
では、それはどうしてなのか?
それは、バレンタインデーが「そういう日」であるからだ。

今日に至るまで、多くの女性がそれぞれに想いを抱えながらこの日にチョコレートをプレゼントしてきた。
そこには「みんなそうしているのだから」という考えがあるのではないだろうか。
みんなプレゼントしてるんだし、何も恥ずかしいことはない。良い意味でバレンタインというその日を言い訳にしているのである。

それに対して、男性から女性へのアプローチはどうだろうか。
「みんなそんなことしてないし」
と思いはしないだろうか。

それは先人がいないからである。
前例のないことをする時は、どうしても恥じらいや恐怖がつきまとうもの。
でもそれはきっと、バレンタインも同じだったに違いない。
どんなことにも「初めてやる人」には相当な勇気が求められる。
それでも最初の一歩を踏み出した誰かがいたからこそ、今日という日があるのだ。
アメリカではそんな勇敢な人間を、天敵が潜む海へ最初に飛び込む1羽のペンギンになぞらえて『ファーストペンギン』と呼ぶそうだ。

ホワイトデーの男性から女性へのアプローチ文化を定着させるファーストペンギンは、これを読んでいるあなたなのかもしれない。



2.では、逆アプローチに有効なプレゼントは何?

Q.ホワイトデーに好きな女性に何かプレゼントを贈りたいのですが、何が喜ばれるでしょうか?(東京都 会社員 セカンドペンギンさん)

A.ホワイトデーには“ちょっと良い何か”をプレゼントするべし!

ホワイトデーに逆アプローチをしようにも、何をプレゼントして良いか悩んでいるそこのペンギンさん。
女性は“普段使うものの、少し良いver.”をプレゼントすると喜ばれるそう。
ベタなところで言えば、ボールペン等はいかがでしょうか?
バリバリのキャリアウーマンには、日常で使う用のちょっとお高いボールペンをプレゼントしましょう。
「欲しいけど、自分では買わないかなー」ってくらいの絶妙なラインを突いて下さい。
※あまりに高級過ぎるものだと普通に気持ち悪いので要注意です。

ではなぜそういったプレゼントが良いのか。
それは『特別感』が出るからです。

普段使うけど、いつもよりちょっと良いものを貰ったらあなたならどうしますか?
私ならそれを使ってみたくてたまらなくなります。
それだけで『ワクワク感=特別感』を演出できるのです。
しかも、職場の同僚が普段使っているボールペンではなく、ちょっと高級そうなボールペンを使っていたらどうでしょう?
「そのボールペンどうしたの?」
と聞いてみたくはなりませんか?
聞かれた側が
「〇〇さんから貰ったの」
と答えるかどうかは分かりません。
それでも確実にその瞬間、その人の頭の中はあなたのことでいっぱいになるのです。

プレゼントするものはボールペンじゃなくても構いません。
もっと踏み込んだことを言うなら、敷居は高いですが高級ブランドの化粧品も良いかもしれません。
「あれ? 今日いつもよりも可愛いね」
なんて周囲の人から言われた日には、特別感に褒められ補正バフの重ねがけで、何もしなくても『プレゼント』の満足度がぐんぐん上がっていくのです。

とは言っても、いくら高級ブランドの化粧品とはいえど、いきなり青色の口紅をプレゼントしたらさすがに褒められ補正が仕事をしないので、日頃からプレゼントしたい相手の化粧の傾向やトレンドをチェックしておきましょう。
化粧品に詳しくないそこのペンギン達も、店員さんに聞けば親切に教えてくれるので、ちょっと勇気を出してここでファーストペンギン化しておくのも◎

あ、いくらファーストペンギンになりたいからってペンギンのぬいぐるみをプレゼントとかはNGですよ。

3.プレゼントを贈るときのかっこいいシチュエーションを教えて!!

Q.プレゼントを買ったはいいものの、いつどうやって渡せばいいのか分からない!
(北極圏 無職 ペンギンが主食のアザラシさん)

A.プレゼントは思い出になるまでがプレゼント

プレゼントを買ったはいいものの、どうやって渡そうか悩んでいるそこのあなた。
「もう恥ずかしいから無言で机に置いておこう///」
なんて考えてはいませんか?

あなたはプレゼントを渡してどうなりたいのか、一度深く考えてみて下さい。
そこそこのお金をはたいて、ただプレゼントを贈っておしまい。
ああ、そんなこともあったなー。と1人で思い出に耽る時間が欲しいのですか?

プレゼントを贈るということは、その先の“交際”を求めているんですよね?
モジモジしながらプレゼントだけ渡して、1人で満足してて良いんですか?
その後良い雰囲気になって、恋人同士になり、
「昔こういうことあったよねー」
と2人で笑い合いたいんでしょう?

ならば、ただ机に置いておくなんて選択肢は自ずと排除されるはず。
プレゼントは買って満足してはいけません。
渡しただけで満足してもいけません。
2人の思い出になってはじめて“プレゼント”と呼べるのです。

なので、面と向かって
「これはホワイトデーを利用した宣戦布告である」
と言える間柄なら堂々と。そうでないなら、
「他の人のお返しのついでだから」
でも構いません。
それを思い出した時、
「あの時は偉そうなこと言ってたねー」
だとか、
「あの時は恥ずかしくてああ言ったけど実は……」
と思い出にできる『ストーリー作り』が大切なのです。

※ただしイケメンペンギンに限る

いかがだったでしょうか。
ホワイトデーに何かしてやりたいと思うペンギン達!
何か起きないかとソワソワしているアザラシ達!!
それぞれに、良きホワイトデーライフを!!