季節感が失われつつある今、「暦」を見直して興運体質になろう!

2月4日は「立春」。言葉はよく聞くけれど、そもそも「立春」って何の日? そして、まだ寒いしカレンダーじゃ冬なのに、春っていっていいの? そんなことを思っているそこのあなた! その疑問にマイカレが答えましょう。今回は毎年発売されるカレンダーの元となるものの監修者でもあり、『暦のおしえ』の著者でもある、三須啓仙先生に教えていただきます。

まずはタイトルにもある「立春」ですが、これは二十四節気(地球が太陽の周りを回る動きに合わせて年を24等分したもの)で春のスタートを表す日です。1年を春夏秋冬の季節の一めぐりと考えたとき、1年は春から始まり、その春は立春から始まるということになります。立春は季節のめぐり、二十四節気と七十二候の出発点ということです。

そうなると前日の2月3日の節分は大晦日と同じような日? 
そうなんです! 冬から春に移り変わる時を1年の境目と考えたため、節分が暮れの大晦日と同じような意味をもつことになったのです。 1年の始まりである立春に幸運を招くために、前日の節分に豆をまいて邪気や災いを祓っていました。
この節分の行事は1年の節目であるため、特に重要視されていましたので、今では節分といえば2月3日が定着したのです。

立春から始まる二十四節気は、旧暦の月名(その月が何月に当たるか)を決めるために必要な仕組みでした。旧暦は、元旦(旧正月)が立春の近くに来るように調整された暦です。
では、この「旧暦」というのはどんなものなのでしょう。今の暦とは何か違うのでしょうか。今一般的に使われている暦、いわゆるカレンダーなどで使われているのは「太陽暦」、地球が太陽をひと回りする期間を1年と数えてそれを12ヶ月に振り分けたもので、新暦と呼ばれています。一方、「旧暦」は「太陰太陽暦」というもので、1ヶ月の長さを月の満ち欠けで数え、1年の長さは太陽の動きで見るという複雑な暦です。明治5年に新暦に変わるまでは、日本で暦といえば「旧暦」が一般的に使われていました。
月と太陽の両方を見て日々の生活を送る…昔の人ってすごいですね。

昔の人に倣って…ではありませんが、旧暦を日常のなかで意識してみると、今の私たちの生活も豊かになるって知っていましたか。旧暦は月の満ち欠けを基準として更に、季節がずれないように太陽の動きも考慮されています。これを水先案内人として季節を感じながら自然の運の流れを取り入れることができるのです。

では、それぞれの季節にはどんな行事があるのでしょうか。1月~12月まで月ごとにご紹介します。


【1月】
元日(1月1日)年が新しくなった最初の日で、天井から年神様がやってきて、農作物と人々を守ってくれます。無病息災を願ってお屠蘇を飲み、おせち料理やお雑煮をいただきます。1月3日までを「三が日」7日までを「松の内」といっておめでたい期間です。
人日の節句(1月7日)7種類の野草(せり、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ)を入れた七草がゆを食べて、1年間の無病息災を祈ります。

【2月】
節分(2月3日)「鬼は外、福は内」と豆を投げ投げながら鬼を追い払い、無病息災を願います。恵方(吉方位)を向いて「恵方巻き」を無言で食べ、幸運を祈ります。これは関西地方から始まった習慣ですが、今では全国的に行われています。

【3月】
上巳の節句(桃の節句)(3月3日)いわゆるひな祭りです。今では女の子の成長を祝う日ですが、もともとは紙の人形に穢れを移して身代わりとして川に流して不浄を払う風習からきています。ひな祭りには桃の花と白酒をかざりますが、桃は災いや邪気を払う仙木とされています。雛人形を飾るのは難しくても桃の花を飾ることはできそうですね。
春分の日(3月21日頃)この日を中心とした7日間は春のお彼岸です。先祖の霊を供養して仏壇にお供え物をしたり、お墓参りに行ったりします。また、「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉があるように、季節の変わり目でもあります。


【4月】
お花見特にいつということはありませんが、春(4月)といえば桜の花見。お弁当やお酒をもって桜の花を楽しむ宴ですが、かつては神へのお供えや物忌みなどの、宗教的な儀式でした。
十三詣(旧暦3月13日~5月13日)子供の開運を願うお祝い。数え年の13歳でおこないます。有名なのは京都嵯峨の虚空蔵法輪寺における虚空蔵菩薩への「十三参り」です。
花祭り(4月8日)お釈迦様の誕生を祝うお祭り。

【5月】
端午の節句(5月5日)「子どもの日」男の子の成長を祝う日。古くから薬草として知られ、穢れを払うといわれている菖蒲やよもぎを摘んで門(玄関)に飾ります。菖蒲湯に入って無病息災を願う風習も。

【6月】
衣替え(6月1日)衣装を冬物から夏物に入れ替えます。この風習は平安時代から始まったとされています。
夏越の祓(6月30日)災いや病気を祓うために「茅の輪くぐり」をおこないます


【7月】
七夕の節句(7月7日)星祭りである七夕は短冊に願い事を書いて笹の葉につるし、星に願いをかけます。

【8月】
立秋(8月7日頃)二十四節気の1つ

【9月】
着綿(きせわた)重陽の節句の前日に菊の花を綿にかぶせ、翌日に身を清めると長寿になると言われています。
重陽の節句(9月9日)「菊の節句」といわれ菊の花を浮かべた酒を飲み長寿を祝います。菊は長寿を約束する薬草として親しまれ、桃と同様に災いを祓う花です。
中秋の名月(旧暦8月15日)神様に収穫の感謝を捧げ、翌年の豊穣を願う行事。団子やススキ、季節の花を供えてお月見を楽しみます。
秋分の日(9月23日頃)この日を中心とした7日間は先祖を敬う秋のお彼岸です。


【10月】
神嘗祭(10月17日)宮中行事。五穀豊穣の感謝祭で神に新米を捧げます。宮中および神宮(伊勢神宮)で儀式が行われます。

【11月】
立冬(11月7日)冬の始まりの日。
七五三(11月15日)3歳(男の子、女の子)、5歳(男の子)、7歳(女の子)の成長を祝う日。晴れ着を着て神社などにお参りします。
酉の市(11月の酉の日)縁起物の熊手やおかめなどが売られます。大鷲神社、花園神社、大國魂神社の酉の市は関東三大酉の市。
新嘗祭(11月23日)宮中行事。天皇が米の収穫を祝ってお祈りします。

【12月】
冬至(12月22日頃)1年で一番昼が短く夜が長い日。ゆず湯に入り、「ん」のつく食べ物、特になんきん(かぼちゃ)、にんじん、れんこん、ぎんなん、きんかん、かんてん、うんどん(うどん)の7種を食べたりすると病気にかからないと言われている。
大晦日(12月31日)1年最後の大晦日は「大つごもり」と呼ばれており、大掃除や正月を迎える準備で忙しい日。大晦日から元旦までの行事を「年越し」といいます。また、この日は家族で年越しそばを食べて長寿や幸運を願います。そばを食べるのは長く伸びるそばを食べることで運や寿命を長くするといった願いが込められています。

いかがですか。これはほんの一部ですが、けっこういろいろあるものですね。せっかく四季がある日本に生まれたのですから、季節ごとの彩りを思いっきり楽しむのもいいのではないでしょうか。】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
監修:三須啓仙
一般財団法人東洋運勢学会会長、聖徳会主催、ライフアナリスト協会会長
東洋運勢学の権威であった父、故・初代三須啓仙の後継者として、早くから運命学界に頭角を現し、次代を担う存在として注目されていた。
父の遺志を継ぎ、二世としてその名跡とともに家業の聖徳會と、業界の老舗団体である東洋運勢学会の会長職に就任。名実ともに業界の未来を担うリーダーとしての活動を期待されている。日常はライフアナリスト・源真里としての活動を継続している。

【一般財団法人東洋運勢学会】ホームページ

監修サイト
※超貫禄的中◆永田町総本山[東洋運勢学会]正統運命学