おせち料理には運気アップのジンクスが盛りだくさん⇒幸運体質に!

明けましておめでとうございます!

みなさん、もうおせち料理は食べましたか?

最近は若者のおせち離れ、なんて言葉も耳にしますが、日本の伝統的なお正月料理であるおせち料理には、運気アップに役立つジンクスがたくさん詰まっているのだとか。
開運食材をいただいて、2019年は幸運体質を目指していきましょう!

************************

長寿を願う昆布巻

昆布は「よろこぶ」「養老昆布」の意味を持つことから、昔から長寿を意味するおめでたい食材とされ、お祝いの席で重宝されてきました。また、中にニシンを入れて巻くのはニシンを「二親」、昆布を「子生」とあてて2人の親がいつまでも元気で子どもが喜ぶようにとの願いが込められています。

お祝いの意味を持つ紅白なます

にんじんとだいこんを酢であえた料理である紅白なますは、お祝いの水引をイメージして作られたといわれています。また、紅白には源氏と平家という意味もあり、赤が源氏、白が平家を意味しているという説もあります。

無病息災を願う黒豆

黒豆の豆には「まめに働く」「元気に働く」という語呂合わせがあり、無病息災を願う縁起物としておせち料理の定番になっています、また、黒い色には邪気払いの力があるとされ、地方によっては年の数だけ食べるところもあるのだとか。

金運アップの栗きんとん

金運アップをはかりたいなら、栗きんとんがおすすめ。きんとんは「金団」と書いて、金の塊や小判をあらわしているのだとか。また、栗も昔から縁起の良い食材とされていて、商売繫盛を願って供されたとされています。

子孫繫栄を願う数の子

数の子はニシンの卵で、昔はニシンをカドと呼んでいたことから、カドの子がなまって数の子になったと言われています。ニシンは一度にたくさんの子を産むので、子孫繁栄を願う食材として庶民にも親しまれてきたようです。

かまぼこの形は初日の出の象徴

かまぼこの独特な半円形は、初日の出を意味するとされていて、とても縁起の良い料理としてお正月に親しまれています。紅い色には魔をよける、白い色には清らかさ、の意味があり、さまざまな形に飾り切りすることで、さらに縁起を担いでいます。

豊作を祈願するごまめ

ごまめは田作とも言って、とれすぎたイワシを田んぼに埋めたところ、その年は米が豊作だったことに由来します。ごまめは漢字で書くと五万米。ずっと食事に困らないようにという昔の人の願いが込められているのです。

知識を高める伊達巻

伊達巻の由来には諸説あって、伊達政宗が好んだからとも、おしゃれ=粋=伊達であるからとも、女性の着物の伊達巻からとったともいわれています。巻物の形をしていることから知識を高める、学業を発展させるという意味も持っているとか。

************************

いかがでしたでしょうか。
普段は何となくいただいているおせち料理だけれど、意味を噛みしめながらいただくと、ますますご利益にあずかれそうですね。
2019年が良い年になりますように!

************************

取材協力:マーク・矢崎治信
月刊少女誌「マイバースデイ」(実業之日本社)を中心に活躍した人気占い師であり、おまじない研究家。西洋占星術から心霊現象の解明まで守備範囲は広く、特におまじない研究に関しては“おまじないブームの仕掛け人”として、時の人に。易断家としても著名な高島嘉右衛門の玄孫でもある。

監修サイト
伊藤博文もN首相も虜※高島嘉右衛門玄孫※マーク・矢崎◆天道星氣術
高島嘉右衛門の玄孫であるマーク・矢崎が『易経理論』『宿曜理論』『氣学理論』の三大奥儀を融合させた『天道星氣術』で恋愛、結婚、仕事……あなたの人生のすべてを開運へと導きます。

携帯サイト『マーク・矢崎のワケあり恋愛鑑定』