「一、 富士、二、鷹、三、なすび」はもう古い⁉

あけましておめでとうございます‼

さて、新年聞いて想像するものには何があるでしょうか?
おせち、お年玉、年賀状……。
今回は、「開運」に最も密接に関係しそうな
「初夢」について見ていきましょう。

「一、 富士、二、鷹、三、なすび」
という言葉は誰しもが聞いたことがあるのではないでしょうか。
初夢に見ると縁起の良いものの代表例としてとても有名ですね。

初夢とは、一般的に元日の夜から2日にかけて、見る夢を指します。
江戸時代には、①大晦日~元日 ②元日~2日 ③2日~3日 の3つの説がありましたが、明治の改暦後は②の説が有力になったと言われています。
とはいえ、夢を見ない(見ても覚えていない)ケースもあり得るので、年明け、最初に見た夢で判断しても差し支えないでしょう。

ところで、どうせ見るなら良い夢をみたい!というのも自然な感情ですね。
吉夢を見るには枕の下に、七福神を乗せた宝船の絵を入れて眠ればいい、という話を、あなたも聞いたことがあるのではないでしょうか。
その宝船の絵には「なかきよの とおのねむりの みなめさめ なみのりふねの おとのよきかな」(長き夜の 遠の眠りの 皆目覚め 波乗り船の 音の良きかな)という回文歌が添えられていたのですが、何とこれは室町時代あたりからの風習とされます。なかなかおしゃれでレトロな風習ですし、自作してみるのもいいかも。

夢の意味が気になるのは、どの時代においても同じ。
古代エジプトのファラオが夢占いによって政治を動かし、聖徳太子が夢殿にこもって夢のお告げを待ったように、夢には不思議な力が隠されていると、古来より考えられてきました。
そんな多くの夢の中でも、初夢は特別なものとされます。
それは、その年1年の運勢を知るよすがとなるからです。

しかし、実際にどれだけの人が「一、富士、二、鷹、三、なすび」の吉夢をお正月に見ることができたのでしょうか?
そもそも、「縁起の良いもの」は今と昔で違うのでは?
また、2019年は翌年に東京オリンピックを控え、新天皇の即位によって年号が変わる、そんな新たな時代の変化を感じさせる1年と言えます。自分自身を変えたいとか、新しい人生のスタートにしたい、と考えている人も少なくないはず。
そこで、夢占いの第一人者・ジュヌビエーヴ・沙羅先生に“今年見ると良い初夢”を聞いてきました。

沙羅:今年見ると良い初夢。それは、「一、星、二、旅、三、シャワー」です。
まず、星は希望のシンボルであり、星々がきらめく夢は、最高の運気を約束します。星のように輝くライトや夜空を明るく照らす満月の夢も幸運な夢といえます。
次に、旅の夢は現実が変わるしるし。どこか知らない土地を旅したり、遠くまで旅する夢ほど、新たな未来が待ち受けているはずです。旅から連想される切符の夢やスーツケースの夢もラッキー。旅する季節は春が最高です。
そして三のシャワーを浴びる夢は、変身や新しい出会いを意味します。入浴や温泉の夢、石鹸やシャンプーするといった夢も同じように幸せを呼ぶ夢といえるでしょう。
さあ、初夢によって、幸せな未来へのドアを開けてください。

色んな変化が待っていそうな2019年にぴったりの「初夢」ですね‼

監修:ジュヌビエーヴ・沙羅
女性誌、書籍の編集を経て、占術家に転身。西洋占星術や四柱推命をはじめとして、夢占い、タロット占い、紫微斗数占いと幅広く占術を研究。また、パワーストーンの分野においても深い造詣をもつ。著書として『四柱推命恋愛運(実業之日本社)』『幸運・不運が一目でわかる夢占い(ナツメ社)』『とっておきの星占い(ナツメ社)』ほか、多数。趣味は、ソシアルダンス(JDSFスタンダードA級)。

●著書
『四柱推命恋愛運』実業之日本社
『愛とメタモル深層心理テスト』実業之日本社
『両思いじゅもん集』実業之日本社
『両思い恋占い』実業之日本社
『夢占い』ナツメ社
『とっておきの星占い』ナツメ社
『365日のバースデーテディ心理ゲ-ム』ブティック社
『幸せを呼ぶパワーストーン』実業之日本社
『幸運・不運が一目でわかる夢占い』ナツメ社
『毎日の星占い』ブティック社
『パワーストーンアクセサリー』パッチワーク通信社

監修サイト
【授けられた運命を浮き彫り】幸導推命術
(無料占いもあります‼)