ネジバナ(捩花)……と呼ばれるこの花、見覚えがある方も多いのではないでしょうか。

春の花だより……というわけで今回は「ネジバナ」という花の話をさせていただこうと思います。



ネジバナ(捩花)……と呼ばれるこの花、見覚えがある方も多いのではないでしょうか。

私は個人的にこの花が大好きです。私が知っているあらゆる花のなかで一番好きです。

ねじれてねじれてねじれているのに、最後にはまっすぐにシャンと立っているところ。

寒さに強くて外でもしっかり繁殖するところ。

雑草なのになにげにラン科なところ。

こんな生き方をしたいなあ、と勝手に共感しています。

このネジバナにはモジズリ(綟摺)という別名もあります。

これは、ねじれた花房のつき方が、陸奥国(みちのく)の信夫(しのぶ)の里で、草の葉を岩にこすりつけて染める製法で生産される「しのぶもじずり」という織物に似ていることからついたのだとか。

百人一首に

陸奥の しのぶもぢずり 誰ゆゑに 乱れそめにし われなら なくに

という河原左大臣こと源融の歌がありますが、これはしのぶもじずりの織物模様のように私が心を乱しているのは誰のせいでしょうか(あなたのせいですよ)という恋の歌です。

この歌は、源融が、陸奥に旅した際に東北美人に切ない恋をして詠まれた歌だとも言われています。

そんなエピソードを知ると、モジズリの名を持つこの小さな花も、ロマンチックな物語を宿した存在に見えてくるのではないでしょうか。

この季節、大変なことも多いけれどネジバナのように凛として、乗り切っていきたいものですね。