MBを振り返ると、先生方との思い出が次から次へと溢れてきます

こんにちは。三田モニカです。
そろそろ、春の足音が聞こえてきました。心弾む季節の始まりですね。そんな今月も、おかげさまで大盛況、『マイバースデイサロン便り』をお届けします。

天野原みちる先生のご登場により、いっそうにぎやか、華やかになった、マイバースデイサロン。毎日の『童話タロット占い』は、チェックしていただいているでしょうか? また、天野原先生が、次々とアップしてくださっている「懐かしネタ」の数々。私も思わず「わぁ! あったあった!」「読んだな~」と感動してばかりです。私が『マイバースデイ』本誌の懐かしネタをピックアップしているのに対し、天野原先生は、MB BOOKSや『増刊マイバースデイ』といった、「かぶらないネタ」を挙げてくださっています。この辺の細やかなお気遣いも、天野原先生らしいです……。



そんな天野原先生の投稿の中で、最もインパクトがあったのは、「日本占術協会」の成り立ちについての記事でした。「お客様に、安心して占い鑑定を受けていただくために発足した」そうなのです。当時、個々バラバラに活動していた先生方。路上に机を出そうものなら、怖いお兄さんたちが登場していたそう。そんな先生方をまとめ、引っ張っていかれたのが、故・大熊茅楊先生だったのです。

大熊先生には、私も編集部時代、取材をさせていただいたことがあります。気さくで豪快なところもあり、細やかな気遣いもされ、そして何よりも「おしゃれな方」でした。いつもきちんと口紅をつけ、取材の途中で「ちょっと待ってね」と塗りなおされることもしばしば。本当に素敵な先生でした。

さて、大熊先生の取材は、私だけではありません。天野原先生もなのです! 取材内容については、ぜひマイバースデイサロンで読んでくださいね。

また、天野原先生の投稿で、次に胸が震えたのが、『別冊MBふれんど版』についての記事です! そうなんです、MB読者大賞という小説の公募をしたところ、本当にたくさんの応募があり、編集部員全員ですべて読み、評しました。皆さん、文章もストーリーもお上手で、文と文の間から、情熱がぶわっと伝わってきたんですよ。最終選考ともなると、もう、どの作品も優れていて、選べないほどでした。懐かしいなー。

他にも、懐かしネタが満載のマイバースデイサロン。ぜひ、遊びに来てくださいね! 心よりお待ちしています!

************************
エッセイ/三田モニカ
幼少の頃より占いに興味をもち、小学生の頃には西洋占星術の専門書を読破し、手書きのホロスコープを作って友人を占っていた。同時に、血液型占い、タロット占いの勉強も開始。 その後、占い専門誌の編集者として編集プロダクションに入社し、さらに占いの知識を深める。
退社、独立後に占い師として本格鑑定を開始。西洋占星術、血液型診断、タロット等のロジックを応用した開運術を提唱、現在に至る。
************************
三田モニカ先生の番組はこちら☆彡
女性誌/芸能界絶賛【12星座×血液型で驚愕的中】超性格・相性占い