章月綾乃先生が教えてくれる文字の不思議と隠された可能性

普段何気なく使っている文字から運勢が読み取れることを、あなたは知っていますか。それを教えてくれたのは章月綾乃先生。ひらがな、片仮名、漢字……たくさんの文字のなかから章月先生がその不思議に気づいたのは「漢字」。ヘンとツクリに別れていて、その組み合わせで意味が変わるのが、まるで運勢みたいとおっしゃっていました。

そんな章月先生の文字への興味から生まれた占いが、『護字昇星占』です。文字によって人の「目に見えない感情」を読み解いていく文字占いに、同じく太古の昔から人々の暮らしを見守り、その心持ちを映し出す星のメッセージを取り入れた章月先生オリジナルの占術、自分や相手の見えない感情を深く探っていきます。

今回は奥深い「護字昇星占」から「守護星字」をご紹介します。

「守護星字」とは、太古の星々の祝福をその人の性質ごとに表した文字で表の守護星字と裏の守護星字があります。12種類あり、基本的な性格や恋愛傾向、幸福のあり方を読み解くことができます。



12種類の守護星字は下の通りです。

たたらぼし
たたらぼしは、手に棒を持つの意を持つ「ぼくづくり」を司り、パワーを持て余したり、ケンカや衝突に悩まされたときに、自分自身を上手にコントロールできるよう力を貸してくれます。

すばるぼし
すばるぼしは、堅実さとバランスを支配する「くち」を司り、考えが揺らいだときに、核となる心を取り戻してくれます。

ちちりぼし
ちちりぼしは、手を使った動作を表す「てへん」を司り、器用さと交渉力を授けます。迷ったときにとっさの判断ができるような柔軟な思考力や有利に事を運べる交渉能力を発揮させてくれたりします。


たまおのぼし
たまのおぼしは、優しさと情愛を意味する「さんずい」を司り、豊かな情緒と愛情深さを授けます。孤独に陥らないように、親しみやすさと愛きょうを発揮させてくれたり、大切な人を守れるだけの優しさと強さを与えてくれます。

ほとおりぼし
ほとおりぼしは、強さとカリスマ性を意味する「にちへん」を司り、強烈な個性と人を惹きつける魅力を授けます。人の上に立ち、華やかな活躍をするための度胸を与えてくれます。

すぼし
すぼしは、思いやりと清潔さを表す「おんなへん」を司り、細やかな心配りができる面倒見の良さと、さわやかな清潔感を授けます。さまざまな人たちに好感をもたれるのは、この星の影響によるものです。

ともぼし
ともぼしは、調和と知性を表す「かねへん」を司り、周囲と調和していけるバランス感覚、そして素早く状況を察する知性を授けます。どんな相手とも打ち解け、平等に交際できるのは、この星のおかげといえます。

そいぼし
そいぼしは、秘密と深い愛情を意味する「りっとう」を司り、大切なものをひそかに守り通す意志と、誰よりも深い愛情を授けます。人知れず叶えたい希望や、手に入れたいものがあるとき、この星は力を貸してくれます。

みぼし
みぼしは、拡張と希望を表す「しめすへん」を司り、自由自在な行動力と、希望を叶える幸運のパワーを授けます。行きたい場所を訪れたり、幸運を引き寄せることができるのは、この星が守護してくれるからです。

いなみぼし
いなみぼしは、安定と誠実さを表す「かい」を司り、落ち着きと義理堅い行動を授けてくれます。約束事や時間を厳密に守ろうとするのは、この星の力が働いているからです。

うるきぼし
うるきぼしは、博愛精神と個人主義を表す「にんべん」を司り、スケールの大きな人類愛、1人でも生きていける精神的強さを授けます。国境や文化の違いをものともせず、誰とでも友だちになれるのは、この星の影響によるものです。

はついぼし
はついぼしは、夢と幻想、心を表す「りっしんべん」を司り、たぐいまれなる豊かな想像力と、優れた芸術的才能を授けます。

12の守護星字とその特徴をざっとあげてみました。
自分の守護星字がどれなのか知りたい、しかももっと詳しくという方は、
神がかり的中/感情全暴露[本心見抜く古の魔力]章月綾乃◆護字昇星占
をどうぞ。
無料占いもあるので、気軽にアクセスしてくださいね。

******************************************
占い/章月綾乃
占術研究家。心理テストクリエーター。主な著書に『絵でよみとく深層心理テスト』(2005年10月31日 発売実業之日本社)など。雑誌やweb中心に活躍中