一富士二鷹三茄子…あなたはどんな夢を見ましたか?

新年最初に見る夢……初夢。
2日から3日の夜に見る夢は、この先一年の運気を意味する、とても重要な夢であるとされています。

一富士二鷹三茄子。そんな縁起の良い夢を見ることができたら、今後は安泰。そんな話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

ちなみにこれには続きがあって、四扇五煙草六座頭と言って、扇は祭事に使われるうえに末広がりであること、煙草は天へと煙が上昇すること、座頭は「毛がない」にかけて怪我ない、となることから、吉兆とされています。

年の始めに自分が見た夢を照らし合わせてみると、今必要なアドバイスが見えてくるかもしれませんね。


※マイカレWebの夢診断はコチラ※

監修:ジュヌビエーヴ・沙羅

夢診断の例


山は、あなたの前に立ちふさがる障害や、越えなければいけない何かを暗示します。
山に登る夢は、とても前向きな夢といえます。今は実現不可能に見えることでも、将来は十分に可能となるかもしれません。思いきってチャレンジしたり行動するとラッキーです。
高い山を見上げる夢や、遠くにある山をながめる夢は、無力感を感じている印かも。目標は少し低めに設定すると、うまくいくかもしれません。


海は、あなたの感情の揺れを表します。
夢の中に海が出てきたら、感情の揺れが大きくなっていると考えられます。ささいなことで、泣いたり怒ったりしやすい時ですが、周囲に感情をストレートにぶつけると、揉めやすいので気をつけましょう。
なお、穏やかな海やきれいな海の夢なら、かなり気持ちは安定しています。


鳥の夢は、自由へのあこがれを意味します。
鳥が自由に羽ばたいたり、空を飛んでいく夢を見たら、今まで心を悩ませていた問題に決着をつけることができるでしょう。また、独立して一人暮らしを始めるチャンスとも言えそう。
かごの中の鳥の夢は、自分の将来に悲観的になっている印かも。勇気を出して、やりたいことにチャレンジしてみるとラッキー。オスとメスの鳥が仲良くさえずる夢は、恋愛の成就や結婚を暗示します。

**********

いかがでしたか?

あなたもぜひ夢の意味を知って、これから始まる一年をイメージしてみてくださいね。