季節の変わり目にぜひおすすめ!三田モニカ流「香りの衣替え」

こんにちは。三田モニカです。

今回は、夏の終わりから秋にかけておすすめの、香りの活用法についてご紹介したいと思います。服に衣替えがあるように、香りもまた、その時期に合ったものがあります。香りを「着替える」なんて、ちょっとすてきじゃないですか? 

私はもともと、香りの良いものが大好き。なので、子どもの頃には香水石けんを季節ごとに変えて楽しんだり、タンスに入れる香りつきの防虫シートを入れ替えたりしていました。そうすることで、季節の移り変わりを感覚的に楽しめたんですよね。

そして、大人になってからは、香水を愛用するように。特に、天然由来の香りをこよなく愛しました。その後も、私の香りへの愛はさらに高まる一方に。ついには、公益社団法人・日本アロマ環境協会のアロマテラピー検定1級に合格した後、研修を受けて、アロマテラピーアドバイザーの資格を取ったのです。

そんな私が、夏の終わりから秋の初めにかけて、生活の中に取り入れている香りは、さわやかでライトなもの。たとえば、ネロリ、プチグレン、シトロネラが挙げられます。

ネロリは、ビターオレンジの木に咲く花から抽出される精油。そして、プチグレンは、ビターオレンジの枝と葉から抽出したもの。いずれも柑橘系の植物特有の、スッキリさわやかでありながら、安らぎも与えてくれる香りです。これらの精油を、お湯を張った洗面器に数滴たらし、香りを部屋中に広げてみてください。ぐっすり眠れるはずですよ。



一方、シトロネラは、スリランカをはじめとした熱帯地方に生息するイネ科の植物で、その精油は古くから防虫剤として活用されていました。レモンのような、みずみずしく清涼感のある香りは、免疫力を高めてくれると言われています。湯船に数滴たらして芳香浴をすれば、心のデトックスができますよ。

さて、これから始まる秋は、徐々に夜が長くなる季節。ぜひ、香りを生活に取り入れて、心地良い眠りと目覚めを体験してくださいね。

************************
監修/三田モニカ
幼少の頃より占いに興味をもち、小学生の頃には西洋占星術の専門書を読破し、手書きのホロスコープを作って友人を占っていた。同時に、血液型占い、タロット占いの勉強も開始。 その後、占い専門誌の編集者として編集プロダクションに入社し、さらに占いの知識を深める。
退社、独立後に占い師として本格鑑定を開始。西洋占星術、血液型診断、タロット等のロジックを応用した開運術を提唱、現在に至る。
************************
三田モニカ先生の番組はこちら☆彡
女性誌/芸能界絶賛【12星座×血液型で驚愕的中】超性格・相性占い