8月11日は国民の祝日である「山の日」

8月11日の祝日は「山の日」だって知っていましたか?

「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」という目的のもと、制定された山の日。
そのいわれには諸説ありますが、この「山の日」が祝日として制定されたことで、私達は飛び石連休に泣かされることなく、長期のお盆休みを楽しむことができるのです。

そんな山の日にちなんで、今回は山の俳句占いをご紹介。

あなたがグッと来る山の俳句はどれ?

壱の句



種田山頭火の有名な自由律俳句を選んだあなたは、発想力にすぐれた人。何者にもとらわれることなく自分なりの世界を築き、多くの人を惹きつけます。のびのびと奔放に過ごしているようで、じつは厳しい山道をも登る覚悟を持っているあなた。その広く強靭な心を失わなければおのずと運が開けるでしょう。

弐の句



江戸時代の俳人、山口素堂の名句を選んだあなたは、表現力に優れた人。芸術的な感性と高い美意識を持っていて、マイペースに日々を過ごしています。何にもとらわれないでいるようで、じつは自分なりのこだわりを持っているあなた。その知性と教養を理解してくれる人たちを大事にすればおのずと運が開けるでしょう。

参の句



松尾芭蕉の有名なこの句が詠まれたのは、奥州平泉。かつては名門藤原氏が栄華を誇り、かの源義経も身を寄せたこの地の歴史に想いをはせたことでしょう。そんなあなたは、深い心を持った人。1つの事柄から物語や歴史を思い描き、想像の翼を広げるでしょう。その思索に富んだ世界観を大事にすればおのずと運が開けるでしょう。

いかがでしたでしょうか。

あなたの心に豊かな山がそびえ立ちますように!