赤い服を着るとモテやすくなる!?

こんにちは。
占いライター・風間望です。
カザマノゾムと読みます。お見知りおきを。

わたし自身は飽きやすい性分で、のめり込むほど夢中になれるものはあまり多くないと思っています。

興味の対象は、広く浅く。
手を出して断念した物事は数知れず。

幼少期は「あれやりたい」「これやりたい」と遠慮なくぶつける子どもだったと記憶していますが、あまりによく飽きるので大人たちからは

「どうせすぐやめるんでしょ?」

と全く取り合ってもらえなくなりました。けち。

ですが、飽きやすい性格の人たちは総じてフットワークが軽いと感じますし、これと決めた物事に対してはしっかりと腰を据えて取り組める人たちだとも思います。

ちなみに飽きやすい人をタロットに例えると、個人的にはカップの8がしっくりくるなと。


 【カップの8】 主な意味
 正位置・関心の薄れ、次の場所、前進
 逆位置・戻ってくる、復縁、元の木阿弥 など


実際に出てきた時は「飽きる」とは少し違うニュアンスで読むことが多いです。
カードの中の人物は、赤い服を着ていることで「能動的」だと解釈されるそうで。
元の場所を去ることは成り行きではなく「自らの意思で決めた」こと。
ですので鑑定中であれば大抵は「新しい場所へと進もうとしている」と読む場合が多いカードです。

「飽きやすい」という判断をされる人たちは総じて、心の声へ素直に耳を傾けて、興味の対象を自らの意思で変化させる人たちでもあるのかもしれません。


ちなみに赤い服を着るとモテやすくなるという研究結果があるそうです。
情熱的な気持ちを掻き立てられるのでしょうか。
誰か、試した方がいたらぜひ教えてください。


*第4回・やまださん、北山由里さん他(ポケモンGO系Youtuber)

前回はYouTuberと学歴に関してお話してまいりました。

今回はポケモンGOに関わるYouTuberです。
実は占い関係者の中にも、ポケモンGOをプレイしている方・ポケモンそのものを好きな方がちらほらと……

先日など、日頃よりお世話になっている某大御所先生までもがポケモンGOをプレイしていると伺って愕然としました。
広まりすぎ……

そして風間は、いわゆる赤緑(が発売された時に小学生だった)世代。
当時はポケモンをプレイしておらず、2016年に流行りに乗ってインストールしたポケモンGOしか使っていません。
当然キャラクターを知らず、レイドバトル実装まではジム戦の経験すら皆無でした。

それでもマイペースにプレイし、現状は第3世代までのキャラはすべて図鑑コンプリート(地域限定を除く)。
第4世代からはペースが落ちましたが毎日ログインは続けており、図鑑のコンプリートはまだですが金メダルは獲得しています。

多分わかる人にはわかる。


で、風間のポケモンGO関連の情報元はもっぱらYouTube。
ポケモンGOの人気に伴い、こちらに特化したYouTubeのチャンネルもかなり多くあります。

そして数あるポケモンGO系チャンネルの中でも、1番にお世話になっているのが「やまだちゃんねる」のやまださんの動画です。


 ◎やまださん

 【ソードのペイジ】 主な意味
 正位置・アイディアマン、情報通、軽快
 逆位置・計算高い、ひねくれている、皮肉 など


ヒトデマンとベイリーフへの愛が尋常ではないやまださん。
彼を知る者であればその溺愛ぶりはもちろん、ポケモン社よりヒトデマン柄のポケモンシャツが送られたこともご存じでしょう。

そんなやまださんはお笑い芸人として活動していたとあって、その話術にも定評があります。
彼はもともとゲームの攻略サイトを運営している「GameWith」の従業員でしたが、近年退社してYouTuber1本に専念しています。
ちなみに退社してはいますが、GameWithのプロダクション事業である「GameWith Creators」に所属しているそうです。

動画は情報動画とロケ動画がメイン。
情報動画は要点がまとまっていてサクサクと見やすい仕様ですし、ロケ動画はやまださんのポケモン愛やユーモアセンス、またファンを大事にする姿勢が随所に表れています。


そして女性枠のポケモンGO系YouTuberは、やはりこの方。


  ◎北山由里さん

 【カップの10】主な意味
 正位置・家族、幸せ、平和
 逆位置・不完全、見せかけ、関係が崩れる など


北山さんは「YuriGames」というチャンネルでゲーム動画を多数投稿していますが、ほとんどがポケモンGO関連。
かつてはバンドのボーカルとして活動していた時期があったとのことで、チャンネルのエンディング曲も自作の歌です。

そして、可愛らしさと美しさを兼ね備えた美貌も魅力(羨ましい……)。
北山さんも定期的にファンの方と交流しており、かなり気さくな方だと思います。


そして最後に、大阪代表のこの方。

  ◎はつださん

 【ワンドのナイト】主な意味
 正位置・人懐っこさ、野心家、刺激
 逆位置・傲慢、注文が多い、自己中心的 など


はつださんは「はっちゃんねる」というチャンネルで、大阪を拠点に活動している、元スーパー営業マンの「ポケGOおじさん」(本人談)。
ちなみに北山由里さんと同い年とのことです。
大阪×営業マンとあって喋りも流暢でわかりやすく、特に関西在住のポケGOユーザーに支持されているそうです。
そしてはつださんはもともと吉本に所属している芸人さん。
ゲストもたびたび出演する方々も芸人さんが多いです。

芸人さんとポケGOって、親和性が高いのですね……!


ポケモンGOは、リリース当初の盛り上がりしか知らない方からすると
「まだやっているの?」
という印象を抱きがちかもしれません。
ですがむしろ、ポケモンGOの課金率やその額は年々上昇していて、昨年の売上は全世界合わせて1億ドルを余裕で超えています。
夏には横浜でリアルイベントが開催されますし、今後もますます盛り上がるのだろうな。

まあわたしは多忙にかまけて応募期間を逃して、今年は参加できないけれどね……
参加するみんな、楽しんできてね……(号泣)


つづく。

第1回はこちら
第2回はこちら
第3回はこちら

**********
・プロフィール
風間望(カザマ・ノゾム)
アラサー鑑定士。元歌手志望。
創作にも役立つという触れ込みで当時の師匠よりタロットを学び、数年後に対面鑑定を開始。
現在は占い関連を中心としたライター業務を請け負いながら鑑定を行っている。
自称「社交的な人見知り」。
自身の理想をタロットに例えるなら「ワンドの4」

SNSはTwitter派。

ブログはこちら

【今月末(2019年7月31日)まで!】
期間限定メール鑑定企画【五人の参謀・第4節】好評受付中。
4800円からで様々なコースあり。
詳細はこちら