6月22日、『マイカレンダー2019夏号』発売です!

平成から令和になり、2019年も折り返し……。
1ヵ月、間があいてしまいました、「マイカレ編集部日記(仮)」。
もはや「日」記と呼ぶのすらはばかられますね。
3ヵ月って本当にあっという間で……。言い訳すみません。

そんな中、『マイカレンダー2019夏号』が発売になりました!

今号のテーマカラーは「濃紺」!!! 金箔健在!!


1号目が出せただけでも奇跡のようなのに、
こうして2号目が出るなんて、未だに信じられない気持ちでいっぱいです。

これもお力添えいただいたすべての皆様のおかげです。
本当に本当にありがとうございます!!!

見どころは全部! と言いたいところなのですが、まずはこちらをご紹介させてください。

****************************

【付録(ふろく)】

今や雑誌にはいろいろな付録がついていますね。
弊社でもこれまでにいろいろな付録を制作してきました。
紙ものの定番といえばやっぱり「カード」でしょうか。
タロットにはじまり、トランプ、イーチン、ルーン、ルノルマン、オラクル……

この他、小冊子やシール、手帳、うちわ、神殿、箱(箱!?)、あぶらとり紙……。
物だとパワーストーン系のさざれ石やブレスなどなど。
変わり種では「天使の羽」をつけたこともあります。……今思えば、すごく大らかな時代ですね(汗


2号目の特集が「卜占(ぼくせん)」に決まった時、ぜひつけたい!と思った付録がありました。
それが「おみくじ」です。

卜占とは、「偶然性によって占う」占いの総称です。
タロットやルノルマンなどのあらゆるカード占い、易占や紅茶占い、ビブリオマンシーなどなど、
偶然の事象に「何らかの意味がある」として、メッセージを引き出す占いです。

それであるならば、偶然手に取った「マイカレ」そのものによって、占いができないだろうか。

雑誌は、どれが誰の手元に行くかわかりません。
でも「あなた」の元にたどりついたマイカレには、きっと何らかの「意味」があるはず……。
それを体験できる付録として「おみくじ」をつけたいと思ったのです。

今回は印刷・製本されたのちに、日本の流通システムを使って壮大にシャッフル。
なおかつ書店でどれを手に取るかによっても変わります。

マイカレを通じて、そんな「偶然=運命」の一端に触れる体験をしていただけたら。
ということで誕生したのが、マーク・矢崎先生監修「易みくじ」です。

****************************

◆「森羅万象からのメッセージ 易みくじ」使い方ガイド



※付録はこのうちの1種類です。

東洋占術の王道「易占い」では、森羅万象を八つの象意にわけて、
乾(天)・兌(沢)・離(火)・震(雷)・巽(風)・坎(水)・艮(山)・坤(地)
……この「八卦(はっけ・はっか)」の組み合わせによって占います。

今号のマイカレには、八卦のうちの1種類のおみくじがランダムで封入されています。


こうして並べてみると、なんだか対戦カード感ありますね……。

■1) 今の自分へのメッセージとして受け取る

まさに「おみくじ」としての使い方です。
あなたの元に偶然、届いたおみくじに描かれた「八卦」が今のあなたを象徴しています。
どんなメッセージが書かれているかは……お楽しみに。

またおみくじの表面はその象意を表した「大自然の写真」になっています。
目で見ると癒やされますので、ぜひお守りにして時々眺めてみてください!


■2) 気になる人との相性を見る

ここからがマイカレならではのちょっと変わった(マニアックな!?)使い方です。

実際の易占いでは、八卦×八卦を組み合わせて64通りの卦を立てて占います。
つまり八卦は2つ必要なのです。

そこで「自分のカード」×「もう1人、マイカレを読んでくださっているお友達のカード」を使えば
易を立てて2人の相性(関係性)を見ることができる!のです。

ここで、WEB連載「説話社☆今日の反復横跳び~現実と五次元の狭間で~」にて、
占いにハマってしまった者(=説話社)の日常を公開している若手コンビ、
馬場と海老原を例にして解説しましょう。

***************

今回、馬場は「艮(ごん)」、海老原は「兌(だ)」のおみくじを引き当てました。
易のルールにのっとって自分のおみくじを内卦(下)、相手のカードを外卦(上)とします。

すると馬場から見た海老原との相性はこうなります。



「沢山咸(たくざんかん)」、何かに夢中になっている卦です。
アドバイスは「地に足をつけるべし」ということです。
反復横跳び担当に「地に足をつけろ」だなんて、なかなか酷なアドバイスですね。

海老原は編集部内で誰よりも地に足がついているのですが、
時折「急にどうした!?」みたいな発言が飛び出すので、実は常人には見えない超高速で反復横跳びをしている……ということに、馬場だけは気づいているのかもしれません。

************

一方、海老原から見た馬場との関係性はこうなります。



「山沢損(さんたくそん)」……投資の卦です。
「目的意識を持って、意味ある行動をすべき」というメッセージがあります。
「ルーンしいたけ鍋」「タロットコスプレ」などイッっちゃってる度の高い記事でおなじみの馬場ですが、
「それって意味あるの(本当に仕事なの……)?」というのが、海老原の率直な心の声なのかもしれません。

こんな感じで、引き当てたカードで互いの関係性を見ることができます。
相手から見ると、結果が変わるのが興味深いところですね。

あなたも「マイカレ友」との関係性を占ってみてください!

■3) 自分の運勢を知る

これはもっとシンプルな、1人でもできる占い方です。
引き当てた自分のカードを内卦(下)として、パッと思い浮かんだもの、
偶然目に入ってきたものを八卦のどれかに置き換えて、その日の運勢を占うことができます。

例えば私は「離(火)」のおみくじを引き当てたのですが、
今、目にパッと飛び込んできたのは編集部にある「円形の時計」です。
これは八卦では「乾(けん)」に該当するため、こうなります。




「天火同人(てんかどうじん)」ですから、「仲間」を意味する卦です。いいですね。
私がじっと時計を見つめていたら「皆、助けて!(涙)」という意味だと思ってください。
きっと校了間際に頻度が増すでしょう。

****************************

いかがでしたでしょうか?
付録監修のマーク・矢崎先生曰く、「問い」と「答え」は表裏一体、2つで1つ。
あなたが「問い」を投げかければ、自ずとこの世界が「答え」を返してくれるのだとか。

そう考えると、あらゆる卜占は「この世界と対話する手段」と言えるかもしれません。

卜占の道具である、カードやコインやダイスや本といったものは、
世界とキャッチボール(やり取り)するためのツールなのかも……。

そんな「卜占」を何か1つ、マスターしておくだけで、
迷った時に「こっちだ!」と確信を持てたり、自信を持って決断できたりして
グッと人生を歩きやすくなるのかもしれませんね。

今号のマイカレが、あなたが奥深き卜占の世界に一歩足を踏み入れる、
きっかけの「扉」となりますように……!


************************

第1回編集部日記はこちら!
第2回編集部日記はこちら!
第3回編集部日記はこちら!
第4回編集部日記はこちら!
第5回編集部日記はこちら!
第6回編集部日記はこちら!
第7回編集部日記はこちら!
第8回編集部日記はこちら!