結婚にピッタリのシーズンと言われる6月。新たな恋に向けてイメージチェンジしてみませんか?

5月病を乗り越えたと思ったらジメジメの梅雨が始まって、なんとなく気分が上がってこない……。
水たまりだらけの地面や雨粒で濡れた服を見ていると、そんな気持ちになるのも無理はありませんよね。
でも、6月はジューンブライド! 幸せな結婚をするのにピッタリの季節です。

ジューンブライドの元ネタはヨーロッパにあります。
ローマ神話の女神で、結婚をつかさどっている「Juno」(ユノ)。6月を守護していることから、英語で6月を示す「June」の元になっているとも言われています。
ユノに見守られることで6月の花嫁は結婚になれる、という言い伝えなんですね。
また、ヨーロッパの6月は日本と違い雨の少ない時期だそうで、気温もちょうど良いため、結婚にはピッタリともされています。
さらに、農作業がさかんに行われる3月~5月には忙しさから結婚が禁止されていたので、仕事が落ち着いた6月に結婚ラッシュがあったという話もあるのです。

日本では当初、6月の結婚は逆に雨が多いせいで人気がありませんでした。
売上につながらず頭を悩ませていたブライダル企業が、ヨーロッパのジューンブライドを宣伝文句に取り入れたことで、日本でも広まることになったそうですよ。
(ハロウィン、クリスマス、イースターといい、本当に日本はいろんな意味で柔軟ですね)



さて、今回はジューンブライドにちなみ、幸せな結婚を願っているけれどいまいち自分の殻が破れず悩んでいる方へ、魅力アップのための変身術を12星座別にお伝えしたいと思います!

******************************

♈牡羊座(3/21~4/19生)

優しいムードを強調して変身!
ジーンズルックやスポーツファッションが似合う牡羊座の人ですが、たまには大人っぽい洋服でおしゃれをしてみてはいかが? やわらかいコットンのフレアスカートをはいて、友だちと一緒に郊外の空気を吸いに行きましょう。いつもと違ったあなたを見て、きっと周囲も「ステキだなぁ」と思うはず。
牡羊座のおしゃれポイントは“顔”にありますが、いつもショートの人は、思い切って伸ばしてみましょう。ロングヘアーをいつも編んでいる人はストレートヘアーにイメージチェンジしてみて。

♉牡牛座(4/20~5/20生)

カジュアルなファッションで変身!
おしとやかでエレガントなおしゃれが好きな牡牛座の方。いつもと違う思い切った冒険してみましょう。山ガールのようなカジュアルなファッショは、あなたの新しい魅力を引き出してくれるはず。
そして、パーティなどドレスアップをするときは、ワインレッドのドレスでエキゾチックな雰囲気を出しましょう。エネルギッシュな服と神秘的なおしゃれの両方でギャップを演出しましょう。ヘアーはロングでもショートでも構いませんが、瞳が隠れてしまわないよう、顔をスッキリ見せるスタイルを。アクセサリーは豪華なものより、自然でおとなしいデザインを選びましょう。カラフルな配色も◎。

♊双子座(5/21~6/21生)

原色を使って変身!
いつもさわやかで明るいイメージのおしゃれが多い双子座の方。カジュアルがピッタリですが、これからの季節、タータンチェックとパステルストライプは控えめにして、色のコーディネートを楽しんでみましょう。色の組み合わせは3色までで、原色のほうがラッキー。上下が分かれているほうが双子座らしいですが、いつものキュートさを変えて、ワンピースやブラウススーツなども似合いそうです。シンプルで行動的なおしゃれが魅力をアップさせてくれます。
ただ、ゴチャゴチャと飾り立てるよりもナチュラルさが一番。パーティのときは、衿もとにポイントをおいて光るアクセサリーを。

♋蟹座(6/22~7/22生)

シンプルなファッションで変身!
胸もとを中心としたおしゃれがポイントの蟹座の方。下半身のおしゃれにも気を配りたいもの。靴は飾りのないシンプルなものにしましょう。ビーズや光る小物を持ちたがる傾向がありますが、暑い季節ほどシックなおしゃれが好感をもたれます。ブラウスもレースやラメ入り以外のもので清楚なイメージがよいでしょう。スカートはフレアータイプより、プリーツ型がラッキー。カラーも白を基調として、ブルー、グリーンなど、夏の色を組み合わせて、マリンルックにも挑戦しては?
外出時には、ハイネックのブラウススーツに、花のついたネックレスをすれば素敵なスタイルに! 指先には薄いピンクのマニキュアを口紅の色と合わせて。

♌獅子座(7/23~8/22生)

シックなイメージで変身!
太陽の季節に生まれた獅子座のおしゃれはダイナミック。開放的な気分になれるサンドレスなどが似合います。ラッキーカラーのオレンジをポイントカラーにするのが、周囲の目を引くカギになるでしょう。
いつも大胆なおしゃれさんのイメージがあるあなたですが、この夏はシックな一面をアピールしてイメージチェンジをはかるとよいでしょう。シンプルなブラウスやサテンのパンツなどに挑戦してみては? 華麗な服よりものびのびしたファッションが魅力を最大限に引き出して、気になる相手の心をとらえるはず。

♍乙女座(8/23~9/22生)

マイナーチェンジで変身!
常に清純なイメージを大切にする乙女座の人。その清純さをくずさないまでも。少しずつ新しいデザインや色に挑戦してみましょう。花柄が好きな人は水玉模様に。白が好きな人はエメラルドグリーンに。それぞれ変えて周りの反応をみましょう。
髪の毛もロングヘアーにして、さわやかな夏の風になびかせてロマンチックに。ベルトと足元にポイントをおいて、色も合わせれば上品で、とても似合うはず。靴は足首がベルトでフィットするものがピッタリ。ベルトは工夫して、なるべくウエストを細くみせるおしゃれを心がけましょう。それにあわせて、スカートもタイトなミニやニットのフレアーがラッキーです。

♎天秤座(9/23~10/23生)

エレガントに着こなして変身!
おしゃれにもバランスとセンスを大切にする天秤座の方。優雅な着こなしが一番よく似合いますが、ちょっぴりメンズっぽくトレーナーやTシャツを着て、いつもの気どった雰囲気から抜け出してみましょう。スポーティーな服をエレガントに着こなせるのも、てんびん座のあなただからこそです。
またパンツファッションが目立ちますが、おとなしく地味な感覚なおしゃれも、あなたをより魅力的にしてくれてステキです。夏は浴衣でくつろぐのも、周囲を魅了しそうです。髪はショートカット、細くない眉毛の組み合わせもラッキーです。

♏蠍座(10/24~11/22生)

爽やかさを取り入れて変身!
エキゾチックなおしゃれで、周囲を惹きつけるさそり座の方。あなたのチャームポイントは瞳です。疲れて充血した目はラブチャンスを逃してしまいます。まつ毛を少しカールさせ、薄いグリーンのアイシャドーをつけて美しくみせましょう。見つめられた人は、ついポーっとしてしまいます。
髪は短めがお似合いのようです。この夏は、おしゃれもいつも神秘的なものから、ひと味違ったスポーティーファッションで、さそり座の魅力を倍増させましょう。ラッキーカラーのワインレッドを髪飾りに使うのもコツ。

♐射手座(11/23~12/21生)

手にポイントをおいて変身!
のびのびした自由なファッションが射手座の特徴。シンプルなシャツや、短めのスカートで気分を開放しましょう。白や紫の行動的なファッションが幸運を呼びますが、明るいイメージのアイビールックもステキです。メイクをナチュラルにして、シンプルにするとラブチャンスが上がりそう! ヘアースタイルはナチュラルさを大切にしましょう。また、手のおしゃれにポイントを置くとラッキーです。かわいい花の指輪や、服と同色のブレスレットに凝ってみて。
海辺では、ピンクマニキュアが人目をひきます。ドレスアップのときは、衿もととウエスト部分に光るアクセサリーをつけて変身!

♑山羊座(12/22~1/19生)

軽いイメージのもので変身!
ブラウンを基調とした比較的派手さのない山羊座さん。今年の夏は行動的にチャレンジしてみましょう。固く暗めの色のイメージから脱皮して、キュートに変身しましょう。そのファーストステップとして、心まで軽くなるようなコットン素材のアイテムを選んでみて。
ヘアースタイルはセミロングからショートにしてキュートなあなたを演出しましょう。パーティにお呼ばれしたときは、スーツのようにカチっとしたものより、ちょっぴりドレッシーにしたほうが注目を浴びます。

♒水瓶座(1/20~2/18生)

胸元アピールで変身!
いつものラフなファッションから、少し大人っぽいおしゃれをして、ラブチャンスをつかみましょう。胸元を中心として、上半身にポイントを置きましょう。「ハデすぎるかな」と思うくらいの思い切ったアクセサリーをつけるとか、レースのブラウスなどが水瓶座の方のイメージチェンジにはピッタリです。周囲も、あなたの新しい魅力に気づくはず。
また、この夏はパンツファッションよりミニフレアーなどスカート中心にするのもよさそう。

♓魚座(2/19~3/20生)

スポーティーに変身!
ソフトでドレッシーなファッションが好みの魚座の方。スポーティーな服をうまく着こなしたいと考えていた人は、この夏こそ挑戦してみましょう。ハーフパンツやタイトスカートにすると、心まで軽やかになれそう。小花をあしらったコットンブラウスの裾を無造作に結んだりして、ラフな着方をするのも気分が変わっていいものです。
ロングヘアーの人は、ストレートにするより、ふたつに結んで行動的に。メイクアップは、魅力的な瞳をポイントにすることが大切です。ドレスアップのときには、衿にベルベットのリボンを長めに結んでみてください。大きめのコサージュのアクセントも吉!

******************************

いかがでしたか?
魅力アップやイメージチェンジは新しい恋・結婚へ向かうための第一歩。
ジューンブライドという季節が、今前に踏み出せずにいる人たちのポジティブなイメージにもつながれば良いなと思っています。