引っ越しで運は変わるのか?! 平成最後の開運法実践記①

(♪ピンポンパンポーン♪)

本日もマイカレウェブをご覧いただきまして
誠にありがとうございます。

月一更新・箸休めコーナー「反復横跳び」の馬場でございます。

ここ最近、海老原に反復横跳びのメインを任せることが増え、海老原が「そろそろ脇腹が痛いよババ~(泣)」と言い始めたので、担当代わりまして、馬場が反復横跳びな近況をレポートいたします。

さて、皆さんはどんな平成ラストを過ごしましたか? 

「平成最後の……」と意識することで、何気ない日常に少し特別なものを感じたり、イベントに参加したりと、楽しく過ごした方もいるのではないかと思います。


馬場は……


………


………………


……



最悪としか言いようのない

不運のオンパレードだったよ!!


ウォォォン!!!(泣)


2019年からなぜか絵に描いたような「ザ・悲劇」(詳細は控えます)が次から次へとわが身に降りかかってきたのだ……! #運勢コスパで言うところの「幸薄系」とはあゝこういうことかと身を持って体感した。

息つく間もなく襲いかかる不運に翻弄され、もはや平成を振り返るどころではなかった。
深夜の帰り道、静かな畑道でウォォォンと泣くのが毎日のルーティンになった(通報されなくてよかった)。
現実から逃げたくなり、六芒星の中央に「飽きた」と書いた紙を握って寝てみたりもした(よい子はマネしちゃだめだぞ!)。

4月が来る頃にはもうどんな不幸が来ようと「日常」と感じるほどに落ちぶれてしまったのである。

海老原:でも、パンケーキ焼く余裕はあったんだ。



馬場:てへぺろ
海老原:古いぞ

そんな不幸の真っただ中に、突然知人からアパートへの引っ越し話が転がり込んできたのである。

前から実家を出ることはぼんやりと考えていて、何度かチャンスはあったものの、腰の重い太陽牡牛座の猛反発にあい、実現には至らなかったのだ。

しかし、今回は不思議と具体的に話が進んでいった(ようこそ天王星)。
※2019年3月、革命の星・天王星が牡牛座にIN

そのアパートは、知人曰く「出世や結婚など、幸せになって退去していく人が多いと噂の開運物件」。だとか。住人が不幸になったり、幽霊との不思議な共同生活が始まったりする「心霊物件」が存在する一方で、その逆もあるようだ。近所には某パワースポットがあり、開運物件であることにも納得がいく。

これまで関わった開運系企画の取材で、多くの先生が共通してお話されていたのが「引っ越しで運はガラリと変わる」ということ。その言葉が、かすかな希望として再び心に響いてきた。さらに開運物件ともなれば、平成のうちに悪運を断ち切り、すっきりと新元号を迎えられるようになるかもしれない。

……とここまで考えて、パワースポットの力に全面的に頼ってしまうのも何となく申し訳ない気がしてきた。ここはマイカレ編集部。暦の活用や風水、おまじないなどできる限りの開運法を実践しながら部屋を作り、最強の引っ越しをしようと心に誓ったのであった―――――――

海老原:そこを頑張っちゃうの!?(やりすぎるとハ〇ルの部屋みたいになるぞ)

果たして、本当に運は変わるのか……



海老原:続くんかい!(いよいよ誰得連載になってしまうぞよ~魚おぉぉ~~)