意外と知られていない!? 引き寄せの法則のルーツ

こんにちは。千田歌秋です。
今回はMy Calendar創刊号の企画「教えて達人!! How to 引き寄せ」に掲載された引き寄せの方法について、その歴史や補足的な内容をお伝えしたいと思います。


A、引き寄せの法則とは

「心で思っていることが、実際に引き寄せられる」という考え方です。
19世紀のアメリカでは、キリスト教カルヴァン主義が浸透し、堅忍、清貧、倹約が美徳とされてきましたが、その反動から、人間に備わった神性の肯定、自由意志の尊重、人も正しい精神を志せば、真の存在になることができる、という思想も強まっていきます。
その後の「精神の変容による心身の健康」を主張した、ニューソートの流行で、「ポジティブな思考や感情が、成功や癒しをもたらす」という、引き寄せの思想が広まり、20世紀の成功哲学や自己啓発メソッド、21世紀のスピリチュアリズムへと受け継がれています。


B、引き寄せには2種類ある

ここからは、私の見解です。
引き寄せには2種類あります。
ひとつは、「願いを叶える」心の在り方、「獲得のマインドセット」(マインドセットは、思考の枠組み)です。
こちらは、明確な目標や、他者との競争、困難に負けない強さが必要になります。社会的成功、富や名誉を求め、道を切り拓いてゆく、この思考を実現する方法を、私は「道のメソッド」と呼んでいます。
もうひとつは、「恵みをいただく」心の在り方、「受容のマインドセット」です。
こちらは、慈愛の精神、他者との共存、我欲に負けない強さが必要になります。周囲の人々に潤いを与えることで、自らの水位も上げてゆく、この思考を実現する方法を、私は「湖のメソッド」と呼んでいます。


C、成功が先か、幸福が先か


いずれにせよ私たち人間は、本能的に、自分が良い状態にいることを欲します。成功したい、幸福になりたい、などです。あなたは、次のどちらに近いでしょうか。
「成功することが幸福」だと思う人。
「幸福であることが成功」だと思う人。
前者であれば、獲得のマインドセットがあなたにとっての引き寄せに、後者であれば、受容のマインドセットがあなたにとっての引き寄せになるでしょう。


D、道と湖のメソッド

獲得の引き寄せ法である「道のメソッド」は、願いや欲するものを設定し、目標を定めてやるべきことを絞り込み、木々を折り、鳥や虫を払いながら、道を作っていく方法です。
受容の引き寄せである「湖のメソッド」は、助力や与えることを考えて、誠実かつ寛容な心を保ち、雨を蓄え、必要な人に恵み、穏やかな湖のようにいるという方法です。
道のメソッドが、周りの人と「競争」するのに対し、湖のメソッドは、周りの人と「協奏」するのです。

今回は、「幸福であることが成功である」と思う「受容のマインドセット」の方々のために「湖のメソッド」ついて、具体的なやり方をお伝えしましょう。
最も重要なのは、周囲の人々を意識することです。自分が勝ち取る方法ではなく、周りから受け取る方法だからです。
1、まずは、否定的な思考、感情、状況など「ネガティブな自分を受け入れ」ます。
 ※無理にポジティブになろうとすると、かえって波立ってしまい、自分を見失います。暗くても、波のない静かな湖は、それだけで魅力的なのです。
2、そして、「獲得のマインドセットの人々から離れ」ます。
 ※道の人を近づけると、湖の人は搾取の対象と見なされてしまい、捕れるだけの魚をすべて奪われてしまうでしょう。
3、縁があった人に対して、自分が「相手の役に立てるか」、を考えます。
 ※自分(湖)が提供できる水(気持ち)、魚(もの)が、相手のメリットになるかです。
4、それがあれば、今度は相手が「自分の役に立ってくれるか」を見極めます。
 ※相手が道の人であれば、この時点で判明するので、立ち去っていただきましょう。
5、双方が相手の役に立ちたいのなら、「実際に行動し、また行動してもらい」ます。
 ※バランスが悪くなったら、修正するか離れるか、真摯に話し合いましょう。
6、「相手や周囲の状態が良くなることを優先」します。
 ※相手にばかりメリットがいっても、喜ぶことができるメンタリティでいましょう。
7、周りが良い状態になると、自然とこちらも「多くのものを受け取る」ことができます。
 ※この時、遠慮してしまってはなりません。必ず感謝とともに受け取りましょう。

常に「恵みを与え、広々として、透明で、凪いだ湖のようにいること」が、あなたの環境や周囲の人々を素晴らしい状態にして、あなた自身を良い流れに引き寄せる、引き上げることでしょう。
皆さんも、あなたの幸せを心から願ってくれるあの人、見返りを求めず恵みを与えてくれる方々、いつもお世話になっているところなどに、感謝と恩返しをすることから始めてみてはいかがでしょうか。


・プロフィール
千田歌秋(センダカアキ)
麻布十番の占いカフェ&バー燦伍(さんご)を営む、オーナー占い師およびバーテンダー。
オカルティズムやスピリチュアリズムの歴史と思想に興味を持ち、美術や文学などヨーロッパの文化史に脈々と息づく占星術やタロットについて、独自に研究を行う。
占い師としてだけでなく、バーテンダーとしても腕をふるい、タロットカードやパワーストーン、占星術などをモチーフにしたオリジナルのカクテルや料理を監修し、身体と心、飲食と占い両側面からの、ホリスティックな癒しの場を提供している。
店舗や出張での対面鑑定だけでなく、各種イベントや講座を企画、開催するほか、占いイベントや占いサロンにも人材を派遣するなど、占い師のマネジメントや育成にも力を入れている。
Twitterはこちら
占いbar燦伍HPはこちら
占いbar燦伍の世界観と、千田先生の得意占術・ビブリオマンシーを楽しめる占いコンテンツはこちら(無料占いもあります)