「癒やしと不思議なパワー」に溢れた空間

占い師のMaiAです。

5月5日に開催された
『心と体が喜ぶ癒しフェスティバル』に行ってきました。
今回の開催地は
浅草、浅草寺から程近いところで行われていて、「パワースポットを通っていく」と言うワクワク感もあります。

開始間もない時間に行ったので受付は列ができていました。
入場の印のリストバンドを渡され、会場に入ると、広い空間にブースがいくつも並んでいて、しばし呆然。

さて、
皆さんは癒しという言葉から何を連想しますか?

アロマとか……?
音楽とか……?

癒しフェスはあらゆる面から癒しのプロがアプローチするように出来ていて、占いやヒーリングはもちろん、パワーストーンの販売やメイクのアドバイスなどもありました!

中でもボディーマッサージ系は人気で、
やって欲しいなというところは施術中ばかり。
足ツボでインフルエンザ予防は今でも気になっている単語です。


今回のイベントは以前からのお知り合い、占い師のHERAさんが出店されるという事で足を運びました。
まずはHERAさんのブースへご挨拶に。

絵柄が素敵なルノルマンカードと
鮮やかな色の数秘のカードで占ってもらいました。



真摯に話を聞いてくださり、質問にもはっきり回答がもらえるので、心を預けて占ってもらう事ができました。

中でも嬉しかったのが
私を表すカードとして出た数秘8のカード。



『MaiA』はローマ神話において春の女神の名前なので、初心に立ち戻るような気持ちでした。


HERAさんのブースを後にし、会場を巡っていると、とても綺麗な石が目に留まりました。



パワーストーンを使ったアクセサリーや小物を作っている方の出展で、珍しいパワーストーンのストローなども! 液体を浄化しながら飲めるそうです。



私はそこで一際目を惹く指輪を買いました。
コスモアゲート。宇宙のような瑪瑙だそうです。
キラキラと変化する輝きと色に魅了されます。
出店者さんによると、一番の売れ筋商品で、一つ一つ形や輝き方が違うので、長い方は4時間も悩まれたのだとか!



占いも物販も堪能し、
せっかくなのでやったことのない占いを何かやってもらいたいと思い、会場をウロウロ。

目に留まったのは
木でできたジオマンシーの道具でした。



そちらのブースのメニュー表に気になる文言を発見。
「守護樹からのメッセージ」
守護樹? なんだろう?
お試しが15分1000円だったので、試してみることに。

守護樹とは、ケルトの暦で、その日を守っている樹のこと。
樹それぞれの特徴があり、そこからのメッセージを頂けるとのことでした。



私を守ってくれている樹はヒイラギでした。

ケルトの暦ではヒイラギ王とオーク王が四季の半分ずつを守っていると言われていて、私の守護樹は王様の樹でした。

獅子座の私は王と言われる事に比較的慣れています。ところが言われたのは
「我慢する事が得意で、自己犠牲をしがち」
でした。
西洋占星術では、まず一言目に言われない言葉に引き込まれました。
ヒイラギの葉のトゲトゲは、樹齢を重ねるごとにだんだんと丸みを帯びて行くそうで、守護樹のヒイラギから私にその姿を手本とするように、というアドバイスでした。
年と共に、優しい王になる様にと。
我慢しがちな王様は、表現が苦手で「感情を表す」というテーマが付いてくるそうです。

お守りとして、樹の描き方も教わりました。
樹は地面から生えてくるので、象徴を描くときは下から。
ヒイラギのケルト語(チニヤまたはティンネ)と唱えながら、枝を生やすイメージで描きます。

オススメのアロマもその場で付けてもらえ、15分とは思えない満足感がありました。


今回の癒しフェス、予備知識なしで遊びに行ったイベントでしたが、様々なものに触れることができ、充実した時間を過ごせました。

東京以外でも定期的に開催してるようなので、情報はホームページをチェックしてみて下さい。
出店者も募集しているので、様々な出会いが欲しい方にも良い機会なのではないでしょうか。

心と体が喜ぶ癒しフェスティバルの詳細はこちら