金運の上がる財布選びのコツ

こんにちは。
占い師の柊里-shuri-です。

「〇色の財布はお金が入って来にくい」
「お財布は人からプレゼントしてもらった方がいい」

……どこで聞いたのかわからないけれど、財布に関しての豆知識のようなものを、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

そのほとんどが『風水』から来ているのですが、風水にも日本風水と中国風水があるんですよね。
私は中国風水がいいんだ! という強いこだわりがない限りは、やはり験(ゲン)担ぎやおまじない的な気持ちで、自分自身が「あ、いいな」と思うものを取り入れていいと考えます。

ということで今回は日本風水と中国風水の違いや仕組みという難しいお話は抜きにして、お財布を新調する際に金運アップ財布にするためのおすすめの『おまじない』をいくつかご紹介します!

*****

人に買ってもらう
まずはこれですね。お財布はできれば人から買ってもらいましょう!
その人の良い"気"を貰えます。ですので当然、できるだけ自分よりも収入が上の人に買ってもらうと良いでしょう。
お財布と一緒にその人の良い運気を頂くイメージです。
ただし、貰う財布は必ず新品を!その人にあやかろうと使っているお財布を貰うのはNG。お金は環境に敏感なので、突然持ち主が変わると混乱してしまいます。
ちなみにお財布自体のお値段もできるだけ高いものが吉。
どうしても人に買ってもらえるアテがない場合は、お金を渡して支払いだけお願いしたりするだけでも違うそうです。

買う時は"吉日"に
続いてお財布を買うのに良いタイミングです。
吉日ですので、使い始めるタイミングの参考にもしてみてください。
【春】「春」→「はる」→「張る」、でお財布がお金で張るとされるようです。
【秋】「実りの秋」とも言われるように、(お金も)収穫のある縁起の良い時期とされています。
【寅の日】出て行ったものが戻ってくる日、使ったお金を呼び戻す日とされています。
【巳の日】蛇は金運に結びつく動物であることから、金運・財運アップの日と言われています。
【一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)】一粒の籾(もみ)から万倍もの稲穂が実るという意味があり、物事を始めたり新しいものを迎えるのに良い日とされています。ただし、借金など悪いものも膨れ上がるとされているので注意。
【天赦日(てんしゃにち)】天が赦す(ゆるす)日。なんでもうまく行く、まさに大吉のような日です。



財布にお金を"記憶"させる
財布を購入したら使い始める前にできるだけたくさんの"新札"(新札ではない場合は浄化したもの)を入れて1週間(他9日、2週間など諸説あり)寝かせるといいそうです。
「ここはたくさんお金が集まる場所なんだな」と記憶させましょう!



その他のポイント「色・形」など
・形としてはやはり"長財布"がいいと言えるでしょう。
理由としてはお金を曲げることがないので、綺麗な状態で扱える点。
・色に関しては家相や九星などをもとにした日本風水や、五行をもとにした中国風水などで見解が分かれます。
(ちなみに私は五行を重視したいので、自分の五行"金"の相克である"木"の象徴、青い財布を愛用しています。日本風水では青はお金を流す色とも言われますが、気にしないようにしています)
自分にとってこれがいいと思える色をいろいろと探してみて納得がいったのであれば、それがあなたの金運財布と思って良いでしょう。
・ちなみに買い替えの時期としては大体1000日と言われていますが、毎年買い替える方もいます。
ここも大切なのは「汚れた状態のお財布にお金を入れない」ことでしょうね。



まとめ
これまでで挙げた験担ぎも意識しつつ、大切なポイントは「お金は環境に敏感である」ことです。
何よりも大切なことはお金とお財布を大切に扱うこと。
汚れたままにしない。家に帰ったら綺麗な定位置に直してあげる‥
お財布に愛着を持ち、大切に扱うことが一番の金運アップ法ということですね。
あなたにぴったりの開運法を選んで、あなただけの"オリジナル金運アップ財布"を作ってみてくださいね!

*****

・プロフィール
監修・柊里-shuri-
ホステス占い師。様々な占術の勉強をしながらホステスとしてお店を出すために日々奮闘している。
占い師とホステス、時にライター。昼と夜で様々な立場から人生相談を受け、相談者の人生を応援。
何事もロジカルに考えるタイプ故に、理論だけでは証明できない占いの不思議さにハマる。
占いよりも大切なことに気付く為に、占いがあるのだと伝えたい、日本酒と魚介類が好きなギリギリ平成生まれ。