5月5日は子どもの健やかな成長を願い祝うだけの日ではないのです。

5月5日は子どもの日。一般的には男の子の成長を願い祝う日です。特別なことはしないという方でも、柏餅は食べるとか、お子さんがいらっしゃれば遊びにいってGW満喫なんてことはあるのでは?そして、男の子がいるお家や男の子が生まれたというお家では、五月人形や鯉のぼりを飾ったり、初節句のお祝いをしたりするのではないでしょうか。

ところで、なぜ男の子の節句は、5月5日なのでしょうか。ちょっとだけ真面目にこどもの日のお話をしてみたいと思います。
*****
もともと「端午の節句」は5月5日に行われる宮中や貴族社会での行事のこと。
発祥は古代中国で、「端」は「初」であり、「五」と「午」が同じ音であることから、「端午」は5月始の5日を意味します。雨季に入り感染症や害虫が多くなる時期であったことから、香りが強く薬草として用いられ、けがれを祓うと考えられていた菖蒲やヨモギを門や軒先に飾ったり、菖蒲酒やイオウを混ぜたお酒である雄黄酒(ゆうおうしゅ)を飲んだりして邪気を祓いました。
それが平安時代に日本にやってくると、はじめは宮中や貴族だけのものだったのが平民へと伝わり、菖蒲やヨモギを宮中の御殿や市中の民家の軒先に吊るしたり、身につけたりして邪気を祓うようになりました。今でも5月5日に菖蒲湯に入って無病息災を願うのもその風習が生きているからです。
*****


男の子の節句になったのは武家社会になってから。「菖蒲」の音が武勇、武道を重んじることの意味をもつ「尚武」に通じるとして「男児の節句」の意味が強くなり、菖蒲冑や武者人形を贈る風習が生まれました。「鯉のぼり」は更に時代が進んで江戸時代から。「滝をのぼった鯉が竜に生まれ変わった」という中国の伝説にあやかって、武家の男子の出世を願う縁起物として飾られたのが始まりです。男児の初節句には鯉のぼりだけでなく、家紋や鍾馗などの絵が描かれた幟(のぼり)も贈られたようです。ちなみに鍾馗は邪気を祓う道教の神様。


柏餅を食べるようになったのも、鯉のぼり同様に江戸時代から。新芽が出ないと古い葉が落ちない柏の葉は子孫繁栄の象徴とされ、子孫ができないと家が断絶してしまう武家社会で端午の節句に食べる習慣ができたのです。この習慣は主に関東のものだったようで、武士が多い江戸の町で好まれました。他にも柏餅を包むときの手つきが神様を拝むときに打つ柏手の動作に似ているため、縁起が良い食べ物として食べられるようになったという説もあります。

そんな端午の節句が、戦後1948年に「子どもの日」として定められ現在は国民の休日となっています。
*****
いかがでしたか、今ではすっかり男の子の節句として定着している「子どもの日」ですが、もともとは生活に密着した邪気を祓う日だったのですね。一年の健康を願って5月5日は柏餅をいただき、菖蒲湯に浸かってみてはいかがでしょうか。