三田モニカが教える【血液型別】元気を取り戻す、5月病撃退法

こんにちは。三田モニカです。
5月といえば、そろそろ新しい環境にもなじみ、自分の立ち位置や、関わる人々のこともわかってくる頃ですよね。その一方で、「こんはなずじゃなかった」と、現実とのギャップを感じ始めるときでもあります。その結果、やっかいな「病」にかかることも……。そう、5月病です。意欲がわかない。何事も悲観的に考えてしまう。果ては、そういう心理面が体に影響を及ぼし、不調を訴えるようになる……。ここまでくると、かなり事態は深刻ですから、そうなる前に対処したいもの。そこで、皆さんの体を隅々まで巡っている、血液のタイプ別に、5月病対策をお伝えします! 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まずは、A型のあなた。細やかな神経の持ち主で、周囲に絶えず気配りするあなたは、自分を抑えてまで相手に合せるケースも目立ちます。そのため、ストレスがたまりやすいのです。これを放置しておくと、5月病にかかる恐れも。そんなA型のあなたにピッタリなのが、おいしいものを食べること。できれば、1人で食事を楽しんだほうが良いですよ。誰かが側にいると、結局、気を遣ってしまいますので。大好物を部屋に持ち込み、1人で堪能しましょう。お腹いっぱいになる頃には、心もすっきりと晴れ渡っているはずです。

次に、B型のあなた。あなたの場合、エネルギッシュでマイペース、好き嫌いが激しいでしょう。そういうキャラクターから、あまりストレスなど感じないように思われているはず。けれど、自由な発言が許されない場合、どんどんストレスがたまるのです。そういうときには、大声を出すのが一番! 気の合う仲間と一緒に、大カラオケパーティーを行いましょう。時間が許せば、徹夜もOK。好きな歌を次々と熱唱しているうちに、憂鬱な気分などどこかへ吹っ飛んで行ってしまいます。

それから、O型のあなた。親分肌の人情家、身内や親しい人を、何よりも大切にするでしょう。だからこそ、環境が変わり、自分だけ置いてけぼりになったような気分に陥ると、5月病まっしぐら。そんなあなたに試してほしいのが、大笑いすること。漫画、ドラマ、映画、お笑いのライブ……何でも構いません。心から面白いと思うものを見つけ、腹の底から声を出して笑いましょう。お腹の皮がよじれるほど笑った後のあなたは、「人生って捨てたもんじゃないな」と、大げさではなく思えるはずですよ。

最後に、AB型のあなた。誰とでもそつなくつき合い、考え方も合理的でクールなあなたは、感情に流されることが少ないよう。それだけに、5月病とはあまり関係ないと思われがちでしょう。しかしながら、その器用さ、クールさが誤解され、「なかなか友達ができない……」と悩む場面も。そんな悩みを早めに解消しておけば、5月病にかからなくて済むのです。その方法とは、ズバリ、ダラダラ過ごすこと。何も予定を決めず、1日中、布団やベッドで過ごしてみてください。飽きるほど寝てください。おそらく、だんだん退屈になり、ジッとしていられなくなるでしょう。その頃には、頭の中に、「次にやりたいこと」が浮かんでいるはず。それらの計画を立てているうちに、落ち込み気分から浮上できるでしょう。

さて、血液型別にお伝えした5月病対策。これであなたも安心ですよ!
************************
監修/三田モニカ
幼少の頃より占いに興味をもち、小学生の頃には西洋占星術の専門書を読破し、手書きのホロスコープを作って友人を占っていた。同時に、血液型占い、タロット占いの勉強も開始。 その後、占い専門誌の編集者として編集プロダクションに入社し、さらに占いの知識を深める。
退社、独立後に占い師として本格鑑定を開始。西洋占星術、血液型診断、タロット等のロジックを応用した開運術を提唱、現在に至る。
現在スポーツニッポンで「三田モニカの禁断タロット」を毎週土曜日連載中。
************************
三田モニカ先生の番組はこちら☆彡
女性誌/芸能界絶賛【12星座×血液型で驚愕的中】超性格・相性占い