タロットを「演(や)ってみる」

皆さんは『#神の手コスプレ』をご存知だろうか。

Twitter上に突如現れ、占い界の話題をジャックした(?)
『#神の手コスプレ』
その舞台裏に迫る。

事の発端は3月3日に投稿されたTweetに遡る。


「神の手のコスプレをしました。by馬場」

…。
……。
馬場さん!?

以前からマイカレwebの反復横飛びコラムでその独特な世界観を見せてくれてはいたものの、
神の手のコスプレ!? いきなりどうしたの!?

馬場:以前に「タロットの登場人物のコスプレをしたり、ポーズを再現したりしたら楽しそう」という話をLUA先生や他の部員としていたんです。
例えば、椅子に座り、ペンをまっすぐ持って横を向くだけでも「ソードの女王」みたいになる。
そんな風に「身近にあるものだけ」で再現したら面白いんじゃない?! となりまして。
画用紙をせっせと切り抜いてペンタクルと雲を作りました。雲はゴムで腕にはめられるようになっています。


投稿されるやいなや瞬く間に拡散(当社比)されていった当該Tweet。
占い好きの方々の心を掴む何かが、そこにはあったのだろう。

Tweetの反響に驚きながらタイムライン警備を続けていた私の目に、再び驚くべきものが目に入ってきた。



LUA先生まで!?

しかも再現度高い!!!!
更にはメイキングの様子まで……。
ソードのAメイキングはこちら(LUA先生のブログに飛びます)

この他になんと、カップのAまで再現されています。


カップのAメイキングはこちら(LUA先生のブログに飛びます)

馬場:間違いなく世界一美味しいソードのAの誕生ですね!(興奮)
神の手コスプレをしようと思った時に、ソードのAは浮いた冠を見て秒で諦めたカードだったので、それをいとも簡単に再現されるアイデア力が素晴らしすぎます!
逆に、これからソードのAを見るたびに「ホットドッグだ……!」と思ってしまいそうです(笑)。


馬場:そして、これまた難易度の高いカップのAを再現されるとは……!
グラスに中身を入れることでカップに色をつける、そしてお手製ホスティアに、和の心感じる折り鶴と全てがアイデアの塊ですね!


馬場さんは『#神の手コスプレ』の魅力についてこう語る。

馬場: 神の手コスプレのいいところは「コスプレ写真を撮ってみたいけど、いきなり顔を出すのは恥ずかしい」という初心者さんにぴったりなところですかね。
Aはまさに手だけなので、気楽にトライできます。
また、A以外にもタロットには後ろ向きの人物や目隠ししている人物など、顔バレせずコスプレを楽しめるカードがたくさんあるのでやりやすいのではないかと。


馬場:もちろん堂々と顔出しでコスプレするのもいいし、本格的な衣装を調達し、スタジオを予約してカメラマンさんに撮影してもらったコスプレも見てみたいですね。
個人的には、仲間をあつめて「カップの3」や「ワンドの5」をやったら楽しいと思います。




最後に馬場さんはこう語った。

馬場:LUA先生は神の手コスプレを通して、「神の手は全部右手だった」と気づかれたそう。
タロットの神は右利きなのでしょうか……。
このように実際に自分で「演(や)ってみる」ことで、意外な発見があるかもしれません。


タロットを言葉だけでなく体を使って表現する。
そこに新しい占いとの向き合い方を見たような気がした。

LUA先生の最新著作「リーディングがもっと楽しくなる 78枚で占うタロット読み解きBOOK(日本文芸社)」のご予約はこちらから!