突然ですが……説話社、「雑誌」始めることにしました!

初めての方は、はじめまして!
常にお世話になっている方は、いつもありがとうございます。
そしてお久しぶりの方は、ご無沙汰しております。……その後、お元気でしたか?

実業之日本社刊『マイバースデイ』をはじめとして、
『モニク』『プチバースデイ』『ミスティ』『おまじないコミック』などなど、
いろいろな世代に向けた「占い雑誌」の編集を行ってきた説話社ですが、
いよいよ社長の悲願である「自社で雑誌を持つ」という
プロジェクトに着手することになりました!!!

そもそもなぜ今、この出版不況の時代に雑誌!?

……なぜでしょうね(汗)。
それはもう、“社長のひらめき”としか言えないのですが、
つい最近、再放送を見ていた、人気ドラマ『重版出来』の中で
個人的にハッとした台詞がありました。

「雑誌」というのは「家」である、と。

古今東西の占いを好きな人々、とにかく人生に悩んでいる人々、
そして運命や幸せについて考えずにいられない人々が集まって、
自分の考えを発表したり、同じテーマについて雑談したり、
「あなたにはこんないいところがあるよ」と励まされたり、
「なるほど、そういう考え方もあるのか!」と唸ったり。

元気になったら出て行って、ちょっと辛くなったらふと立ち寄れる、
「出入り自由、いつでも誰でもWelcome!!」な“家”のような雑誌が
占い界にあってもいいんじゃないかな~と思っていたのです。

もちろんこのご時世、意見交換はSNSがメインだと思います。
でも、いつでも変わらずにそこにある“場”としての
「雑誌」というのは、まだアリなんじゃないかな、と思うのです。

そんなこんなで「マイカレ」という家は無事に組み上がるのか!?
まさかの建設中止ということにはならないか!?(こわい)
……ということをこのコーナーではぬるくご報告して参りたいと思います。

今後、新雑誌へのご意見・ご要望などをお寄せいただく
コーナーも作りたいと思いますので、
占い愛好家の皆様、ぜひふるってご参加ください!!