水晶球占いをするための場所とそのセッティング方法について

こんにちは。Crystal Gazerの蒼月紫野です。水晶球占いの二回目ですが、占いをするための場所についてお話ししたいと思っています。どうぞ宜しくお願いいたします。

第一回目はコチラ

Crystal Gazingをする場所について

可能ならば、自分の書斎あるいは鑑定部屋をもってください。そしてその部屋には家族であれ、入れないようにして下さい。皆さんが思っているより、Crystal Gazingは繊細なのです。広い部屋なら、ついたてなどでスペースを区切り、小部屋風にするのも良いですね。自分が座る椅子とお客様が座る椅子を一組、テーブルを1つ置きましょう。クライアントに付添人などがいる場合ですが、原則付添人は、その部屋に入れないで下さい。エネルギーが乱れます。部屋の外か、ついたての外にいて貰って下さい。

この占い用の机では一切、飲食はしないでください。神聖な場所なので止めておきましょう。少なくとも色々試してみましたが食事はNGです。紅茶や珈琲やミネラルウォーターをクライアントに提供するくらいならOKのようです。

私自身は対面鑑定の時は、お客様と向かい合いになり、占う時は机には水晶球以外は置きません。電話占いの時はPCデスクに電話の子機を置いているので、PCデスクに水晶球をおいています。但し置き場所は一定の所にしています。

採光などは建物により色々なのでなんとも言えませんが、元々はジブシー達が天幕の中で占っていたのですからそれほど明るくはなかったのでしょうし、光はあまり乱反射したとは考えにくいです。

ですので水晶球と水晶球の台の間に黒いシルクの布をおいて見やすいようにします。机の上の、毎回同じ場所に水晶球を置いておくようにして下さい。慣れないうちは、位置が変わると結果など読みにくくなるからです。セッティングしたあとは光で見にくい状態になっていないかなどもチェックしてみて下さい。机の上には可能なら黒か紺の無地の布を敷いてみて下さい。これは占いをしないときはたたんでしまっておいて下さい。Crystal Gazingをしない場合は上から黒いシルクの布をかけておくか、袋に入れてしまって下さい。他のよからぬエネルギーなどが入ったり、占い師の水晶球にこめたパワーが散らないようにするためです。

さて、あなたの占いスペースは落ち着いた状態になったでしょうか。部屋あるいはスペースは清潔に保って下さい。これで占いをする部屋、あるいはスペースが整いました。



心の準備について

どのような時でも、一瞬で自分の精神を安定できる方法が欲しいものですよね。スピリチュアル用語ならグラウンディングと言いますが、深く瞑想状態になれるような呼吸法がやりやすいかと思います。これは個人でお好みがあるので言及しませんが、自分にぴったりなものを見付けて下さい。

では次回は実際に水晶球でどのように占うかをお話ししていきたいと思います。練習記事なので、肩肘張らずにリラックスして、読んで頂ければと思います。

************************

お話/蒼月紫野
占い師/カリフォルニア州認定ミニスター/守護石鑑定士

ドルフィン・スター・テンプル・ミステリースクールに通い、マスター・チャネリングコース修了、FSP(Full Sensory Perception)コース1~4修了、インナーチャイルド・セラピストコース修了。アメリカのカリフォルニア州、シャスタ校から「国際認定ヒーラー」と認定され、神官の称号を得る。

活動歴は30年以上。西洋占星術、水晶球、タロット、チャネリング、九星気学などの幅広い占術による鑑定を行っている。その正確さと的中率の高さには定評があり、「占うたびにファンが増える」と話題に。
常に向上心を忘れず、占いやヒーリングに関するさまざまな資格や免許を得ている。パワーストーンに関する知識は膨大。自身のホームページでも、パワーストーンアクセサリーの販売やメール鑑定など、精力的に活動中。

************************

蒼月紫野先生の番組はこちら☆彡
全米50州熱狂×神格化◆悪用NG/現実極限暴露◆USA公認神官 蒼月紫野
【全米50州が大熱狂】神憑り過ぎて有名占い師も“パクれない”唯一無二の的中占。メディア&イベントで連日話題殺到の『米国公認神官◆蒼月紫野』が、あなたの【迷い・執着・躊躇】の全てを掻き消します。絶望を希望へと一瞬で変える“神の言葉”を心して受け取りなさい。