春分の日(3月21日)は西洋占星術のお正月!ビブリオマンシーでこの先一年を読み解こう

春分の日(3月21日)は西洋占星術における一年の始まりであり、お正月。

「宇宙元旦」と言われるこの日に得たメッセージは、さながらお正月に引いたおみくじのように、この先一年を示唆するものになるでしょう。

そして、春分の日の翌日の3月22日はいよいよ、雑誌『My Calendar』の発売日。

ということで、雑誌『My Calendar』で ビブリオマンシーをしながら、エレメンツ別にこの先の運気を占ってみました。

**********

★火のエレメンツ(牡羊座・獅子座・射手座)のあなた


『即答できる』

火のエレメンツの人にとっては、日頃の願望に、手が届くチャンスに恵まれ、好奇心が活性化する一年に。

その心に燻る火種は、社会的な炎にも個人的な炎にもなりうるのだけれど、大切なのは、松明の持ち手は他でもないあなただということ。

何をしたいのか、どんなことを実現したいのか、すぐに言えるように何度でもしつこいくらい、自分自身に問いかけて。

**********

★地のエレメンツ(牡牛座・乙女座・山羊座)のあなた


『運の流れ』

地のエレメンツの人にとっては、身近な人や家族に感謝しつつ、距離感を見直すことで、健全な絆が育まれるとき。

あなたは今、2枚の切符をその手に握りしめていて、どちらかの切符は置いていかなければならない。

苦しいこと、つらいことがあったとき「1人で戦う未来」を選ぶのか「チームで戦う未来」を選ぶのか、それぞれに良し悪しはあるので、焦らずじっくり考えて。

**********

★風のエレメンツ(双子座・天秤座・水瓶座)のあなた


『もっと深く』

風のエレメンツの人にとっては、自分自身が興味を持ったことから新たな世界の可能性が広がるタイミング。

それは今とまるで違う場所に行くということではなくて、これまでは船の甲板から青い海を覗いていたのが、これからは思い切って海に潜っていくというようなイメージ。

海底から水面を見上げることで、浮き上がっていく気泡や微生物、美しいマリンスノーが見えるはず。

**********

★水のエレメンツ(蟹座・蠍座・魚座)のあなた


『移りゆく景色』

水のエレメンツの人にとっては、社会的な場面で活躍することで、経済的、物理的に余裕が生まれるとき。

たとえば今までお気に入りの缶に溜め込んできた風景写真や手紙などの束があって、それが棚から落下して床に散乱した場面。

それを苛立ちながら片づけるのではなく、広がった色彩の美しさを楽しむ心持ちになれるなら、幸運はあなたの味方につくでしょう。

**********

いかがでしたでしょうか。

雑誌『My Calendar』をお手にされたときには、今回のビブリオマンシーでピックアップした単語がどこに隠されているか、ぜひ探してみてくださいね。