映画やドラマの「呪術」

こんにちは。
陰陽道・陰陽師研究家の高橋圭也です。
前回は、急々如律令について触れてきましたが、今回は映画やドラマなど創作の中で目にする「呪術」とその指導についてお話します。


指導のきっかけ

20数年前、私は昼は会社に勤めながら、夜や週末には縁があって学んだ陰陽道・陰陽師の技術の研究を深め、たまに占いや祓いの依頼を引き受けるセミプロ的活動をしていました。
そんなある日、映画の世界にツテがある知人から「映画のスタッフがおマジナイに詳しい人間を探している。何でも、彼らは映画の中で死んだ人間を蘇らせる呪術の話を聞こうと、あちこちの寺や神社に行ったが『そんな術、知らない』と言われ、困り果てて私の所に相談に来た。そこで『高橋という神職資格を持つ様々な呪術について詳しい人間がいる』と答えて君を紹介しておいた。彼らに会ってみないか?」という連絡がありました。

私は「実際に可能かどうかを確約できないが、確かにそんな呪術が幾つかある」と答えて、後日映画のスタッフたちに会い、十種神宝(とくさのかんだから)や魂喚ばい(たまよばい)、反魂法(はんごんほう)などの死者を蘇生する呪術があることを話すと、当時は世間的に全く無名の私に映画「死国」の呪術指導の依頼が来たのです。
この映画「死国」の撮影後に行われた映画関係者を集めた試写会の後、多くの人々から「呪術シーンがよくできている」という高い評価を得ました。
これが、私の映画やドラマの指導を始めたきっかけです。


呪術シーンは、寿司のガリ?

さて、陰陽道や他の呪術のシーンはあくまでも映画やドラマの作品の中で展開されるストーリーに味を添える刺身のツマや寿司のガリみたいなものであって、作品のメインテーマではないために呪術の全体像を詳しく描くことは無理なので、実際の陰陽師の技術や他の呪術の技術を変形や省略、デフォルメした形にした上で俳優に指導しなければなりません。
なぜなら、例えば映画やドラマの主人公が陰陽師であっても、あくまで原作と演出を担当する監督が描くストーリーが主であって、コテコテの陰陽師の術の実像や風景を描くものではないためです。

また歴史的に実在した安倍晴明や陰陽師は天文占(てんもんせん)や六壬式占(りくじんしきせん)などによって国家的な事件を占うことが本来の職務なので、現在の寺や神社のような特定の祈祷・祭祀施設がありませんでした。つまり陰陽師は祓いや祈祷などを行う必要性が生じた時にだけ、昔の日本はケガレを川に流したので、主に川べりに行って祓いを行ったり、その他の祈祷や祓いの場合はその内容に応じた最適な場所に出かけて、そこで祭壇を組んで儀式を行い、その儀式の終了後に祭壇を撤去しましたが、そういう陰陽師の祈祷や祓いの実像を描くことは、映画やドラマの撮影の際には要求されないのです。そのために、実際の陰陽師の術を変形・省略したり、デフォルメせざるを得ないのが実情です。

さらに作品の台本に出てくる陰陽道や呪術シーンには「陰陽師(術者)が印を組み呪文を唱える」だけしか書かれていない場合が多いため、そのシーンに合う術を他の呪術から探し出したり、もしも他のものに無い時は新しく考えるのですが(指導係には「実際のものに無ければ、新しく作る」という使命があります)、これは原作や台本に書いてある陰陽師の術のシーンの多くが本来の陰陽道には無い技術の方が圧倒的に多いため、仕方なく他の密教や修験道、神道、道教などの術を参考にし、それを陰陽師の術風に作り直し、さらに剣印などの所作を取入れて指導し(ちなみに、実際の陰陽師の術には剣印を結ぶ術法はありません。私が初めて採用し、取入れた所作です)、新たにシーンに合った呪文を作るという作業を私は今までよく行ってきました。

例えば、この呪文を作る際に映画「陰陽師」の時などは演出部の助監督の希望で一つの陰陽師の術のシーンにつき、漢文風や祝詞風、密教の真言風の呪文の計3種類を作るように依頼されました。だから、あの映画の全部のシーンのために200種類くらいの数の呪文を作って提出した記憶があります。ですから、映画の中で使われた呪文はそのほんの一部だけということですね。


指導係に必要なもの

実は映画やドラマの指導をする際に、監督や助監督、撮影スタッフのニーズに応える技術が必要です。つまり単に術に関する知識や作法を知っているだけでは指導は出来ません。それは、彼らに本や論文、資料を提出し見せるだけではなく、その術を実際の映画やドラマの中で具体的にどのように演じ行うかを絵や写真などをふんだんに使って、ビジュアル的な形にした上で監督や助監督に示し、説明する技術がぜひとも必要なのです。
私の場合はその技術を最初の映画「死国」の時に助監督に徹底的に叩きこまれ鍛えられて身に付けましたから、今まで指導係の仕事を長い間出来たのだと思います。
また、助監督や他のスタッフとの打合せを何度も何度も重ねて、作品の中の術のシーンの祈祷や祓いの形態や呪文が決まると、私が指導を担当する各シーンごとの所作や呪文を実際にそれを行ってみせてビデオに撮り、撮影の前に該当する役を演じる俳優にビデオを配り、それを俳優に見てもらって練習をお願いして撮影に臨んでもらうのです。
ですから、私が演じてみせた術のシーンの映像の全部を併せると、もしかすると、一つの作品につき、30分~1時間くらいのメイキングビデオが出来るかもしれません。


指導係は不眠症?

実は、今まで指導してきた作品のほぼすべての撮影で私は不眠症気味になりました。なぜなら、ロケ撮影や撮影所のスタジオでの撮影を終えて帰宅し、床に就いた睡眠中に撮影中の光景が夢に出てきて、「私が撮影現場で指導した内容が間違っていたかもしれない」という不安から深夜に飛び起き、指導の際の光景を思い出し、指導で使用した関係資料を全部見直して、「大丈夫だったようだ」と安堵して再び眠りにつくということを何度も経験しました。
ですから、映画やドラマの撮影中はいつも睡眠不足になってしまいます。

**********
・プロフィール
高橋圭也(たかはしけいや)
ドラマ「陰陽屋へようこそ」「陰陽師」、映画「陰陽師」等の陰陽道指導を行う陰陽道・陰陽師研究家。
2020年3月29日にテレビ朝日にて放送されたドラマスペシャル「陰陽師」監修。
2020年8月1日スタートテレビ朝日土曜ナイトドラマ「妖怪シェアハウス」陰陽師指導。
世界一のSEIMEI(安倍晴明)の剣印ポーズの生みの親。神道霊学研究家。兵法学研究家。
明階神職資格取得。
Twitter
陰陽師、陰陽道についてより詳しく知りたい方は「高橋圭也公式サイト 瑞星庵」へ!