憂鬱な家ごもり…前向きに過ごす方法は?

気が滅入りますね。
このご時世では、どこかに出かけるわけにもいかないし、一日中家にいれば、本も読めるし、ダラダラし放題だし、ちょっと凝ったお料理も……なんて思っていたけど、やっぱり退屈。

そんなときにおすすめなのが、気持ちを前向きにしてくれるこの占い。

約2000年前、ヨーロッパの広域にいたとされるケルト人の、ごく一部にだけ伝えられたというオガム文字。
文字を持たないといわれていた古代ケルト人。その長老であるドルイドたちにだけ伝えられた秘密の文字……それが「オガム文字」です。
この文字は、古代ケルト人の自然への崇敬から生まれた「ケルトの木の暦」に対応しています。今回はその暦に基づき、鏡リュウジが自身の叡智と研究成果を結集させて独自のカードを制作したのがこちらです。オガム文字の導きがあれば、どんなに奥深い運命の森の中も、迷わずに歩いていけるに違いありません。

さっそく鏡リュウジ【オガムカード】願い叶える古代ケルト神秘文字と聖なる樹で憂鬱な家ごもりを前向きに過ごす方法を占ってみます。

今回は無料メニューの鏡リュウジがオガムカードで導く【あなたの魅力と今後起きる出来事】でこの先の一日を診断しました。

カードをシャッフルするとあらわれたのはこちらのスプレッド。



ケルト十字スプレッドは、ヨーロッパに伝わる最も古典的なスプレッド。1つの問題に対してどのように変化していき、どのような影響を及ぼすのかなどを詳しく示唆してくれるそうです。

そして、結果のカードは『サンザシ』



たとえ突然の出来事によって、厳しい状況に置かれたとしても、徐々にその状況は浄化され、好転していく……今このタイミングでこんなうれしいメッセージはありません。

今は厳しい状況だけど、「のんびり行きなさい」という天のアドバイスを信じて、いつもと違う道を通ってキッチンに行ったり、うっかり暴食してふえた体重からなにかを学んだり、そして何より皆様、体をいたわって過ごしてくださいね。

************************

占い/鏡リュウジ
1968年、京都生まれ。心理占星術研究家・翻訳家。
国際基督教大学卒業、同大学院修士課程修了(比較文化)。

・英国占星術協会、英国職業占星術協会会員
・日本トランスパーソナル学会理
・平安女学院大学客員教授
・京都文教大学客員教授
・趣味は料理と古書蒐集。好きなものは赤ワインと肉、イギリス。

************************

鏡先生のコンテンツはコチラ!
鏡リュウジ【オガムカード】願い叶える古代ケルト神秘文字と聖なる樹