プチバースディとマイバースデイの意外なつながり

こんにちは。三田モニカです。
今月も引き続き、MB(マイバースデイ)サロンのお話をさせていただきますよ。

2020年3月の『MBサロン』も、天野原みちる先生マーク・矢崎先生が大活躍されています。天野原先生による、童話タロットの日運は大反響! 当たりますよー。また、マーク先生の週運もぜひチェックしてみてください。キッパリと言い切る占断が、とても頼もしいです。

さて、懐かしネタを投稿している、天野原先生と私。天野原先生が3月16日に投稿されたネタで、ついに『プチバースデイ』が登場しました! ご存知、『マイバースデイ』の妹版として刊行された、小学生~がターゲットの月刊誌。残念ながら、こちらも休刊となってしまいましたが、私にとっても関係の深い雑誌なのです。

そして、天野原先生の記事中に、『プップちゃん』という言葉を見つけ、思わず当時にタイムスリップ。何を隠そう、私、『プチバースデイ』の編集スタッフでもあったのですよ。『マイバースデイ』~『ミスティ』~と部署を異動し、最後に配属されたのが、『プチバースデイ』編集部でした。



さて、そんな『プチバースデイ』のイメージキャラクターが、うさぎのプップちゃんだったのです。プップちゃんは、読者のお友達。読者からのお便りにコメントしたり、お悩みを一緒に解決したりしていました。また、プップちゃんには姉妹がいて、それが魔女っこハウスのキャラクター、マジックキャッツだったのです。実は私、魔女っこハウスのキャラクターが3匹の猫ということは知っていましたが、名前は知りませんでした。また、プップちゃんと姉妹だということも。さすがは天野原先生です!

さらに、懐かしネタとして投稿してくださったのが、お菓子の紹介企画。雑誌に掲載する商品は、ほとんどすべてメーカーやショップからお借りしたものです。ネットがまだ一般的でなかった時代、「雑誌に載れば商品が売れる」ということで、メーカーさんもショップも、快く商品を貸してくださいました。中でも、お菓子といった食品は、保健衛生上、撮影後に返却するということはなく、「どうぞそのままお召し上がりください」と言われていたのです。ありがたいお言葉に、天野原先生も私も、ちゃっかり甘えていたというわけ(笑)

他にもまだまだ懐かしネタ満載のマイバースデイサロン、ぜひ遊びに来てくださいね。

************************
エッセイ/三田モニカ
幼少の頃より占いに興味をもち、小学生の頃には西洋占星術の専門書を読破し、手書きのホロスコープを作って友人を占っていた。同時に、血液型占い、タロット占いの勉強も開始。 その後、占い専門誌の編集者として編集プロダクションに入社し、さらに占いの知識を深める。
退社、独立後に占い師として本格鑑定を開始。西洋占星術、血液型診断、タロット等のロジックを応用した開運術を提唱、現在に至る。
************************
三田モニカ先生の番組はこちら☆彡
女性誌/芸能界絶賛【12星座×血液型で驚愕的中】超性格・相性占い