周辺環境が見極められまくる山羊座木星期をどう乗り切るか

2019年12月3日、ついに山羊座木星期がスタート!

幸運の星、木星が射手座から山羊座に移動したことで、何となく自分を取り巻くムードが変わった気がする……そんな方も多いのではないでしょうか。

拡張の時代から見極めの時代へ。本質的なものは残るけれど、その場限りのものは淘汰される。
そんなことをマイカレ冬号でも書いた気がするのですが、個人的には太陽山羊座のはずなのに、なんだかろくなことが起きていない気がするのです。

続けていたことが終わりになったり、お気に入りの店が閉まったり、仲良しの友だちが遠くに行ったり。何だか木星に身辺を整理整頓されているような。子ども部屋を片づけるお母さんか、木星は。

もうすぐ風の時代の訪れとかいうけど何だか保守的。息苦しい。

そんなこんなで、

「見極めだか何だか知らないけど、人の人生を勝手に取捨選択してるんじゃねー! 木星ごときに見極められるほどやわな生き方はしてないんだよう!」

と八つ当たりぎみに思っていたのですが(木星何も悪くないです、ごめんなさい……)、これはきっと気持ちがうまく山羊座木星期にシフトできていないんだろうな。

というわけで、占いbar燦伍で行われた緑川連理先生の『カード&タロットカクテルコラボ講座』に行ってきました。

今回のテーマは
木星を守護星に持つ 射手座のカード「運命の輪」
土星を守護星に持つ 山羊座のカード「世界」

オーナーでありバーテンダーの千田歌秋先生が作ってくださるカクテルとともにいただきます。

まずは、射手座のカード「運命の輪」。



「運命の輪」のカードは「チャンスのカード」だと緑川先生。
それも重々しいチャンスではなく、スピード感があってアップダウンの激しいタイミングなのだとか。
今まで滞っていたことが進み出す反面、新しい恋人とうまくいきかけていたと思いきや、別れた恋人から連絡があったり、転職を考えていたら、出世や昇進の話が持ち上がったり。新しい話がかならずしも正解とは限らないので、自分の頭できちんと考えて、いずれにしても判断を下さないといけないのだとか。
たしかに昨年はそんなタイミングだった気がします。

カクテルはリンゴをベースにした爽やかな味。輪切りのレモンが運命の輪をイメージしているそうです。気持ちが軽やかになるかんじで、美味しい!

続いて山羊座のカード「世界」。



「世界」のカードは「限界点からのカード」だと緑川先生。
今まで積み上げてきたことがいったん壁にぶつかった感じがあるけれど、そこから新たな手応えを感じて、ステージを変えることもできるし、反面、不平不満や閉塞感を抱くことも。
たしかに、イケイケドンドンの追い風のタイミングではなくて、こういうときにどんなふうに自分自身の感情と向き合うかで、今後の明暗が分かれる気がします。

こちらは、クリアな味わいのスピリッツをベースに、ヴェルモットやビター酒を加え、透明感のある世界を創り上げた大人のための辛口カクテル。気持ちがしゃきっとなります!

2つのカードの解釈を伺ったことで、何だか自分の心の中の木星(何言ってるんだ)も射手座から山羊座にゆっくり移動してくれた気がします。

惑星が水瓶座に動く頃には、この閉塞感も少しラクになりますよ、とアドバイスをいただいたので、せっかくの山羊座木星期、幸運パワーをモノにして頑張っていきたいと思います!

★イベント情報◆
2020年2月9日(日) 六本木にて【JEWELRYBOX】卜術(ぼくじゅつ)のスペシャリスト、藤森緑先生、千田歌秋先生による華麗な共演。コンセプトは「卜術であなたのお悩み解決&運気アップ」!
今回のイベントでもご一緒させていただいた、占い師・越智馨子先生主催の楽しいイベントです。

タロットやビブリオマンシーの世界に触れたい方はぜひ!
(私も伺います)

【当日券より500円お得な前売り券発売中。】
お申込み情報はコチラ