今さら聞けない「十干」と「五行説」

こんにちは。占い師の雨宮 零です。
マイカレ本誌の付録にて監修させていただきました九星術について、「なぜ、吉方位を使うと開運するのか」「九星術という占いでは何ができるのか」をそれぞれ、3回に分けてお話させていただきました。

今回からは、東洋系占術には欠かせない、基本の考え方についてお話させていただきます。

まず、四柱推命(しちゅうすいめい)や奇門遁甲(きもんとんこう)、六壬神課(りくじんしんか)など様々な東洋占術に出てくるのが十干(じっかん)です。

十干には、甲乙丙丁戊己庚辛壬癸(こう・おつ・へい・てい・ぼ・き・こう・しん・じん・き)という十種類があります。契約書だと、甲乙丙丁くらいまでは目にしますが、その後は東洋系占術をされる方でなければ中々使わないかもしれません。

この十干ですが、本来は太陽の名前であったと言われています。
太陽はもともと数が10もあり、1日ずつ交代で地上を照らしていました。
つまり、昨日出て沈んだ太陽と、今日出ている太陽は別物であったわけです。
数が10あるということは、毎日交代で出てくるとすると、10日目ごとに同じ太陽が出てきます。これが十干ですね。

ここから、「ある太陽が出ている日に生を受けたものは、その太陽の性質を受け継ぐのである」というのが占いの根本発想となっています。
そして、「生まれた日の十干がその人の本質を表す」という発想につながっていきました。
なお、“ある時、10の太陽が一度に現れ、地上が灼熱地獄になってしまい、弓の名人であった后羿(こうげい)という男が9つの太陽を射落とした”という神話が、古代中国の詩集である「楚辞(そじ)」の中に記載されています。
 
このように十干とは太陽の名前でしたが、別の言い方をしますと現代の算用数字のようなものでした。
そして、この十干とは別に十二支というものがあり、この十干と十二支を融合させて「干支(かんし)」となりました。
この全く異質なものを融合させるには、十干と十二支の2つをくっつけるための接着剤となる“共通の原理”が必要でした。それが五行説(ごぎょうせつ)です。

一般的には、「五行が先にありき」の説明をされていることが多く、“五行が分かれて十干になった”というものが多いのですが、五行説が出現する前に、十干を刻んだ骨が出土していることを考えると、これは歴史的には異なります。

五行説が入ったことで、ある干の特徴を樹木ですとか、火ですといいますが、十干の本来の漢字にその意味はありません。
例えば甲(コウ/きのえ)は木行だと言いますが、本来、甲という漢字に樹木の意味はありません。これは所謂、「かぶと」ですね。

さて、10日間サイクルの記号(十干)があり、それを十二支と融合させるために五行説を持ってきました。10は5の倍数とちょうどいいので、2つずつで切り5グループに分けようと試みました。

次は五行説についてお話します。
十干とは別に五行説という言葉が出てきました。ここの「行」は「いく」と読んではいけません。行き来することを、去来すると言いますが、中国語で行くは「去(きょ)」と言います。
そして、「行」は「行く」ではなく「巡る」という意味なのです。

五行説とは「5つのものが行く」説ではなくて、「5つのフェーズが循環している」という説です。
この、5つの状態のものがぐるぐる回っているのが五行説というわけですね。

この五行というのは抽象的な概念なので、それをどんな境遇、どんな状態の人でも知っているもので例えようと考えました。
東アジアに住んでいる人で、「巡る」と聞いて真っ先に浮かぶのは、季節の巡りでした。
ですので、春のイメージ、夏のイメージのものがあるとしました。
まず、「春の芽吹き」これをもって木行としました。次に、「夏の暑さ」これをもって火としました。そして、「秋は冷えて固まるところ」をもって金行とし、「冬の寒さや冷たさ」をもって水行としました。

今回はここまで!
次回は「続・五行説の成り立ち」をお話したいと思います。

      ★★back number★★
************************
「なぜ、吉方位を使うと開運するのか」
第1回:卜術と占機について
第2回:占機を使った卜術の原理について
第3回:占機と方位について

「九星術では何ができるのか?」
第1回:専門に特化した占いと汎用性がある占い
第2回:「知るための占い」と「改める占い」
第3回:なぜ方位なのか
************************

      ★★雨宮零先生のコンテンツがYahoo!占いほかで登場!!★★


【邂逅×実占=改運】比類なき的中力で道を切り拓く雨宮零◆花鳥推命
無料占いもありますので、ぜひチェックしてみてください!

************************
・プロフィール
文:雨宮 零(あめみや れい)
占術家・想星堂店主
1982年生まれ、滋賀県出身。関西学院大学経済学部卒業。
引き寄せと改運(開運)を得意とする占い師。
占いは現実的に活用できる技術と考え「努力×運=成果」を実践中。
占術は九星術・タロット・周易・断易・宿曜占星術・手相を使用。
占い館および企業イベント等で鑑定を行う傍ら、現在は東洋占術の大家・大石眞行氏に師事。

監修:大石眞行(おおいし しんぎょう)
占術家・想星堂顧問
1959年生まれ、東京都出身。千葉大学教育学部(教育心理学選修)卒業。
10歳より占いに関わり、以降各種占術を取得、実践。術歴49年。
そのレパートリーは、子平、紫微斗数、東西占星術、方鑑、奇門遁甲、六壬、周易、断易、河洛理数、地理風水、人相、手相、など東洋占術を中心に多方面に広がる。
単なる気休めのアドバイスではない、実生活に使える等身大の神秘学として「玄学」を提唱、各種占術の教授・鑑定を行っている。
************************
想星堂 公式サイトはこちら

・イラストバナー
Shuya Fujise
Twitter


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください