ー秋分図カクテルに秘められた物語をご紹介しますー

M「いらっしゃいませ」
G「こんばんは、いつものホロスコープカクテルを。
ちょうど秋分なので、その星の配置にちなんだものをお願いします!」

M「秋分図カクテルですね、かしこまりました。」
G「楽しみです!」

2019年の秋分図

◆今回の秋分図は☆2019年9月23日16時50分東京☆で算出しています。
千田先生による詳しい星読みはマイカレ秋号をチェック!

マイカレ秋号のご案内はコチラ

☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆

M「東京の秋分の瞬間のホロスコープから、いくつかの天体を選び、それに対応するお酒を合わせていきます。

地平線近くにある魚座の海王星は、占いカクテルそのものなので、今回あえて除きます。

対極にあって牽制し合う月と土星、それらの間に位置する水星、さらにはそのすぐそばの金星も加えた、二等辺三角形の構図を、カクテルにしましょう。」

G「月、土星、水星、金星のカクテル!」

M「5ハウス蟹座の月は、いつも(月)家族と(蟹座)飲んでいるもの、
子供が好きな(5ハウス)乳飲料(蟹座、月)のイメージ。
ミルクやカルピスはその典型です。今回は存在感のある濃厚な生クリームにします。

次に11ハウス山羊座の土星ですが、こちらは外でみんなと(11ハウス)たしなむもの、
苦味のある(土星)黒い(山羊座、土星)コーヒーやカカオが代表例。
ここでは、保守的な山羊座を意識して、由緒あるエギュベル修道院のカカオリキュールを選んでみます。

最後は7ハウス天秤座の水星と金星。
天秤座ということで、爽やかさ(水星)と甘さ(金星)の二つの要素を併せ持ったものがベストですね。
ミルクとカカオの間をうまく取り持つリキュールなら、
イタリアのハーブリキュール、ガリアーノはどうでしょう。

背の高い円錐形のボトルが天秤座っぽく、明るく軽やかな黄色(水星)、
美しく輝く黄金色(金星)も、白(月)と黒(土星)を取り持ちます。

また、アニスやミントのフレーバー(水星)と甘やかなバニラ(金星)とのバランス(天秤座)も完璧です。
できれば、旧ボトルを用意したいところ。

リニューアルしてからのガリアーノは、バニラ香が減ってしまったので、現行ボトルを使うなら、バニラビーンズやバニラシロップを加えるといいですね。」

G「こだわりが素晴らしい!」
M「ありがとうございます。お待たせしました。」

G「いただきます……。うん、甘くて美味しい。カクテル名は?」
M「サテンドレスです」
G「色合いはベージュかアイボリー。確かに、なめらかで光沢があります」

M「ホワイトサテンというカクテルの、コーヒーリキュールをクレームドカカオに変えたものです。
秋の装いにふさわしく、サテンドレスと命名しました。

なお、このカクテルを、透明なクレームドカカオホワイトでつくると、淡い金色になり、ゴールデンキャデラックというカクテルになります。」

G「そうなんですね、どれも美味しそう!」

M「アルコールが苦手な方は、ショコラショー(ホットチョコレート)にミントとバニラのフレーバーを入れると、ノンアルコールの秋分図カクテルになります。

冬至までの期間、秋分図カクテルで、星の力を上手に取り入れてみてください!」

☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆